• 2019/07/10

    木の温もり知って 乳児も遊べる「森の輪」 帯大谷短大・馬場さん開発

     帯広大谷短大の社会福祉科子ども福祉専攻で専任講師を務める馬場拓也さん(27)が乳児から遊べる木工品「森の輪(わっこ)」を開発した。新生児に贈る祝い品として各自治体に提案しようと十勝総合振興局などと運営委を立ち上げ、「すくすく十勝応援プロジェクト 森の輪」を始動。8月から、上士幌と池田で配布を始める。

     出産祝いの取り組みは、管内の自治体でも導入事例があるが、多くは祝い金の支給となっている。馬場さんによると、全国的に木製品を贈る自治体も増えているが、積み木や椅子など使用できる対象年齢が高く、費用も比較的高価で出生児数の多い地域では普及が難しいという。

     馬場さんは短大で教える傍ら、木工アーティストとしても活躍。木育の普及にも取り組んでいることから、出産祝いとして生後3カ月ぐらいの乳児から遊べる木工品「森の輪」を考案した。直径約8センチ、厚さ約2センチのドーナツ型で、乳児がにぎったり、くわえたりできるサイズとなっている。

    【残り:382文字/全文:795文字】
    「どうしん電子版」にログインして続きを読む

    <北海道新聞を購読されている方>
    会員登録(追加料金不要)すると、会員限定のサービスを利用できます。
    <北海道新聞を購読されていない方>
    北海道新聞パスポートを取得(無料)すると、会員限定記事を月10本まで読めます。