• 2019/05/14

    入院中の子供、F戦士と交流 北大病院

     プロ野球北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督と選手5人が13日、札幌市北区の北大病院にある「幌北小・北辰中ひまわり分校」を訪れ、小中学生3人と交流した。

     ひまわり分校には長期入院する児童生徒が通う。チームは外出の機会が少ない子供たちのために2007年から毎年訪問。この日は栗山監督のほか、上沢直之、中島卓也、大田泰示、西川遥輝、近藤健介の5選手が、子供たちと一緒にキャッチボールを楽しんだり、記念撮影をするなどして触れ合った。

    【残り:138文字/全文:354文字】
    「どうしん電子版」にログインして続きを読む

    <北海道新聞を購読されている方>
    会員登録(追加料金不要)すると、会員限定のサービスを利用できます。
    <北海道新聞を購読されていない方>
    北海道新聞パスポートを取得(無料)すると、会員限定記事を月10本まで読めます。