• 2019/04/27

    シロフクロウにあえるよ おびひろ動物園 27日夏季開業

     おびひろ動物園(緑ケ丘2)の夏季営業が27日に始まる。今年は雌のシロフクロウ2羽が加わり、ヤギ3匹が誕生した。5月からは動物の生態を学べる新企画「おびzoo寺子屋」も始める予定だ。

     シロフクロウはキリとモリーでいずれも2歳。秋田市大森山動物園から3月にやってきた。繁殖に向け既存の雄の2羽と同居している。1月生まれのヤギ3匹は「ちびっこふぁーむ」で飼育されている。

     園内では国内最高齢のインドゾウ「ナナ」をはじめ、300頭以上の動物たちを見ることができる。飼育員らは今月からほぼ毎日、ツイッターで動物の写真や近況を発信。エゾタヌキの投稿は4万を超える「いいね」が付くなど反応は上々だ。飼育員の中山大志さん(27)「夫婦で子育てするタヌキにも興味を持ってほしい」と話す。

    【残り:192文字/全文:527文字】
    「どうしん電子版」にログインして続きを読む

    <北海道新聞を購読されている方>
    会員登録(追加料金不要)すると、会員限定のサービスを利用できます。
    <北海道新聞を購読されていない方>
    北海道新聞パスポートを取得(無料)すると、会員限定記事を月10本まで読めます。