• 2019/02/09

    網走小タグラグビー、3年連続全国へ 「過去最高成績を」

     【網走】網走小のタグラグビーチーム「網小ノースカムイ」が、1月に北広島市で開かれた「サントリーカップ第15回全国小学生タグラグビー選手権大会北海道ブロック大会」で優勝し、2月16、17日に東京都で開かれる全国大会への出場を決めた。3年連続となる大舞台を前に、子どもたちは「確実に1勝を積み上げていきたい」と練習に汗を流している。

     1チーム5人で行うタグラグビーは、タックルの代わりに腰に着けた帯(タグ)を奪って相手選手の動きを止めるのがルール。

     道内10支部から計12チームが参加した道ブロック大会には、北見支部からノースカムイと、同じ網走小の「網小ウォセカムイ」が出場。両チームはともに勝ち上がって決勝戦で対戦し、ノースカムイが2―1で勝った。全国大会への出場枠は2あったが、同一支部から2チームは出場できない規定があり、全国出場はノースカムイのみとなった。

    【残り:282文字/全文:663文字】
    「どうしん電子版」にログインして続きを読む

    <北海道新聞を購読されている方>
    会員登録(追加料金不要)すると、会員限定のサービスを利用できます。
    <北海道新聞を購読されていない方>
    北海道新聞パスポートを取得(無料)すると、会員限定記事を月10本まで読めます。