• 【親子で音楽に親しもう】 ゴールデンウィークの音楽祭「Kitaraあ・ら・かると」開催

    2022/03/01
    PR / 札幌市芸術文化財団
    今年で25周年を迎える札幌コンサートホールKitara(キタラ)。5月3日(火・祝)から5日(木・祝)のゴールデンウィーク期間中、親子で音楽に親しむイベント「Kitaraあ・ら・かると」を開催します。期間中は、3歳・5歳から参加できるコンサートや、楽器作り体験など、イベントが盛りだくさん。楽しく本格的な音楽に触れるチャンスです。家族でお出かけしてみませんか。

    今年のゴールデンウィークは、親子でKitaraへ!

    Kitaraあ・ら・かるとイメージ

    2007年からスタートした「Kitaraあ・ら・かると」は、札幌コンサートホールKitaraを全館開放し、コンサートや各種体験などが楽しめるイベントです。今年は、ゴールデンウィークの3日間で開催。

    3歳から参加できるお話つきのコンサートや、5歳から聴けるオーケストラや吹奏楽など、未就学児でも気軽に本格的な音楽に親しめるイベントをはじめ、オカリナづくり体験や、専属オルガニストによるオルガンコンサート、ホールの静けさのヒミツを探る地下探検ツアーなど、Kitaraならではのイベントがたくさん用意されています。

    それぞれコンサートや体験の料金は、500円からとリーズナブルな設定もうれしい限り。ゴールデンウィークのお出かけプランに加えてみませんか?

    幼い頃から、本物の音楽体験を!

    イベントスケジュール
    ▲タップまたはクリックするとPDF版でご覧いただけます。

    オーケストラやクラッシックコンサートは、小さな子どもがいる家庭にとって、ちょっと敷居が高く感じてしまうものかもしれません。でも、この3日間はそんなことを気にせず、本格的な音楽に親しむことができます。

    「3歳からのコンサート」は、日替わりで、チェロや、フルートとギター、バリトンの演奏が聴けて、お話つきだから子どもも飽きずに楽しめそう。45分間のショートプログラムなのもうれしいポイントです。

    「きがるにオーケストラ」は5歳から入場可能。札幌出身の指揮者・太田弦さんと異色のピアニスト・角野隼斗さんによるオール・アメリカ・プログラムを楽しめます。力強いトランペットで始まる映画『スター・ウォーズ』の音楽など、子どもにもなじみのある曲がいっぱいです。

    普段、子育てや仕事で慌ただしく過ごしていると、音楽をゆっくり楽しむ時間はなかなか取れないもの。ましてや、小さな子ども連れでオーケストラを生で聴ける機会はなかなかないので、今回は貴重なチャンスです。親子で体験する本物の音楽は、きっと感受性豊かな子どもたちの心に響くはず。ぜひ、この機会に親子で本物の音楽体験を楽しんでください。

    チケット好評発売中


    「Kitaraあ・ら・かると」概要


    【日程】
    2022年5月3日(火・祝)~5月5日(木・祝)

    【会場】
    札幌コンサートホールKitara

    【料金(税込)】
    公演やイベントごとに異なります。詳しくはKitaraホームページで確認を。
    ※当日券の販売は未定です。前売にて完売の場合、当日券の販売はございません。
    ※左右1席を空けず、通常通りの座席位置となります。なお、今後の新型コロナウイルス感染状況や感染対策ガイドラインの変更に合わせて、販売座席を制限する場合がございます。

    【チケット取扱】
    Kitaraチケットセンター
    TEL 011-520-1234(10:00〜18:00、休館日を除く)
    ※Kitaraホームページからも購入可能。
    ※ローソンチケット・チケットぴあ・道新プレイガイド・市民交流プラザチケットセンター窓口・玉光堂四丁目店でも取り扱いがございます。

    【託児サービス】
    対象年齢:生後3カ月〜12歳
    利用料金:1,100円(※公演ごとの料金)
    予約申込:札幌シッターサービス TEL 011-281-0511(公演2日前までに要予約)
    ※新型コロナウイルス感染拡大状況により、サービスを中止する場合がございます。

    【主催】
    札幌コンサートホール(札幌市芸術文化財団)

    チケット好評発売中


    ◉問い合わせ先:Kitara チケットセンター
    TEL 011-520-1234(10:00〜18:00、休館日を除く)

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。