• 冬も親子で…屋内施設特集 釧路管内の子育て情報誌 「ハポート」秋冬号発行

    情報誌をアピールする伊藤美也子代表(左)と武島綾子さん

    釧路管内の子育て情報を発信する情報誌「釧路の子育て応援マガジンHaport(ハポート)」の秋冬号が16日に発行された。冬でも天気に左右されずに子どもと出かけられる屋内施設などを特集している。

    ハポートは育児中の母親と父親11人でつくる実行委が、3月から年2回発行している。今号は前号より12ページ増えた36ページで、釧路管内の屋内施設計26施設の紹介や、子連れで利用しやすい飲食店、子育てサークルの情報などを載せた。冬に注意したいノロウイルス対策など小児科医による健康アドバイスも掲載。広告も子育てに関するもので、伊藤美也子代表(44)は「保存版として長く使える内容にした」と話す。

    [広告]

    記事は「ママライター」たちが取材と撮影、執筆を行う。その1人、武島綾子さん(39)は屋内施設5カ所と飲食店2店を担当した。武島さんは長崎県出身で結婚をきっかけに5年前に釧路へ。妊娠、出産を機に伊藤代表と知り合い、ハポートの活動に参加してきた。夫が勤める日本製紙釧路工場の閉鎖により、10月に釧路を離れることが決まったが「釧路には良い場所や施設がたくさんあることを知ってほしい」と力を入れて取材執筆に取り組んだ。

    前号は1万部発行だったが、祖父母世代にも好評だったことから発行部数を4万部に増やした。伊藤代表は「ママやパパだけでなく、祖父母が孫を連れて行く場所選びにも活用してもらえたら」と話す。

    カラーA5判。釧路市役所市や市中央図書館、こども遊学館などで無料配布している。(二色朋恵)

    最新の記事

    【From 北海道新聞】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。