• 図書宅配 酪農地帯の子育て世帯に好評 浜中町 サービス開始1年

    【写真説明】司書の佐藤涼子さん(右)と、図書の宅配サービスを利用する吉田さん一家

    「借りに行く時間なく助かる」

    【浜中】町総合文化センター図書室が昨年4月、新型コロナウイルス対策で始めた図書の宅配サービスが酪農地帯の子育て世帯に好評だ。司書の佐藤涼子さん(28)は年代や好みによって選ぶ本をアドバイスしてくれ、「未知の本と出合え、世界が広がる」と歓迎されている。

    町内唯一の図書室が昨年4、5月、新型コロナの影響で休館となり、佐藤さんが「読書好きの町民に本を届けよう」とサービスを始めた。

    蔵書約3万冊のうち、1人10冊まで4週間借りられ、利用者が電話で要望を伝えると、自宅まで車で届けてくれる仕組みだ。図書室は再開したが、遠方の利用者が多く、サービスを継続。3月末までに酪農地帯の子育て世帯を中心に78人493冊の利用があった。

    [広告]

    6人家族の町内茶内の酪農家吉田貴俊さん(44)宅には28日、佐藤さんが約100冊持ち込んだ。家事や育児、牛の世話に追われる妻麻耶さん(44)は「借りに行く時間がないので助かる。好みの本が届くすごいサービス」と喜び、料理や家庭菜園の本を選んだ。長女の知映里さん(8)は児童書、次男の憩佑(けいすけ)君(5)は絵本を選び、6人で計48冊を借りた。

    佐藤さんは「喜ぶ顔を見るのが楽しい。お年寄りの利用をもっと伸ばしたい」と話す。(山村晋)

    最新の記事

    【From 北海道新聞】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。