• むかわ竜の絵やグッズずらり 道の駅に販売コーナー開設 恐竜の町PR

    むかわ竜の絵を展示するコーナーをPRする遠藤研二代表取締役

    【むかわ】むかわ地域商社「M Dino(エムディノ)」は町美幸の道の駅「四季の館」に、町穂別地区で発見された草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(通称・むかわ竜)の絵の展示やグッズを販売するコーナーを設けた。観光客が多く訪れる道の駅で「恐竜の町」をPRする。

    同社が町や道の駅を運営する「果夢工房」に協力を呼び掛けた。道の駅入り口横の約10平方メートルを改修し、9月中旬にオープン。改修費は同社と町の補助金で賄った。

    [広告]

    展示コーナーには恐竜アート作家の服部雅人さんが描いたむかわ竜などの恐竜の絵のほか、町穂別地区で見つかったアンモナイトや木の化石を並べた。壁を黒、床と天井はグレーにし、展示物を際立たせる配色にした。また、むかわ竜のぬいぐるみも販売している。今後は季節に合わせて展示内容を変えていくという。

    遠藤研二代表取締役は「訪れた人が恐竜に興味を持ってもらい、むかわ竜の化石を展示する(穂別地区の)穂別博物館にも足を運んでもらいたい」と話す。

    道の駅「四季の館」は午前10時~午後10時。入場無料。問い合わせは、むかわ地域商社「M Dino」(電)0145-47-7101へ。(仲沢大夢)

    最新の記事

    【From 北海道新聞】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。