• シエスタハコダテにスターバックス 11月開店 函館市内4店目

    函館市本町の複合施設シエスタハコダテに11月下旬、全国チェーンのカフェ「スターバックスコーヒー」が開業する。同施設を運営するSPC函館本町開発(市本町)が若者の来店増を狙って誘致。当初は7月の開業予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で準備が中断していた。

    本町交差点に面した同施設1階に出店し、店舗面積は約140平方メートル。席数は30~40程度となる見込み。カフェを運営するスターバックスコーヒージャパン(東京)と本町開発がこのほど出店契約を結んだ。

    [広告]

    スターバックスは市内4店舗目だが、若者のほか主婦やサラリーマンなどの利用も多い。客の店内滞在時間が長いのも特徴で、本町開発は同施設全体のにぎわい創出につなげたい考え。スターバックス側も、施設が函館の中心市街地に位置し、安定した集客が見込めると判断したようだ。

    本町開発は今年、シエスタの大規模改装を予定していたが、第一弾となるスターバックスの開業時期が遅れ、全体の改装計画を見直している。飲食店や食料品店など約10店が出店する地下1階は当初、6月末で閉鎖して工事に入るとしていたが、8月末までは営業を継続する。(伊藤正倫)

    最新の記事

    【From 北海道新聞】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。