• エゾタヌキ、ツイッターで人気 おびひろ動物園 表情、仕草に「いいね」12万件

    かわいらしい姿に注目が集まっているおびひろ動物園のエゾタヌキ(村本典之撮影)

    おびひろ動物園のツイッター投稿をきっかけに、同園の「エゾタヌキ」が人気を博している。飼育員が撮影した愛嬌(あいきょう)あふれる姿がファンの心をつかんだ。夏ごろには獣舎を引っ越して行動展示も始める予定で、さらに注目を集めそうだ。

    同園は今年4月にツイッターアカウントを開設。動物たちの写真や動画の投稿を始めた。中でも反響が大きいのがエゾタヌキで、ひっくり返った餌皿を見つめて悲しそうに立ったり、大きく口を開けてあくびしたりする愛らしい表情やしぐさに、合計12万件以上の「いいね」が寄せられた。

    [広告]

    担当飼育員の中山大志さんが、タヌキの生態を広く知ってもらおうと投稿を続けている。同アカウントの全投稿のうち、タヌキ関連は3割近くを占める。「ツイッターのタヌキだ、とお客さんが言ってくれる。じっくり観察する人も増えた」と園内でもその効果を実感しているようだ。

    同園では、人気が続くエゾタヌキの飼育環境改善のため、コンクリート製の小部屋から金網製のおりに獣舎を移転する。「新居」は今の3倍以上の広さ。日当たりや風通しも良く、「橋やスロープなどを設け、タヌキがくぐったり登ったりする行動展示を検討している」と中山さん。キタキツネも隣のおりに引っ越し予定で、北海道ならではの動物たちの生態を見比べることも出来そうだ。新獣舎は8月ごろ完成の見通し。同園のツイッターアカウントは@obihirozoo(佐藤諒一)

    最新の記事

    【From 北海道新聞】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。