• #2|アイシングクリームの作り方と塗り方

    2019/05/08

    「アイシングクッキーで楽しむ親子時間」#2
    アイシングクッキー教室を主宰する傍らアニバーサリー円山店のアイシングクッキーの製造も手がける、札幌市在住の金田一真優さんによる連載コラム。親子で楽しみながら少しずつレベルアップできるように、作り方やアレンジ方法を工程別に紹介しています。
    ◆前回の記事はこちら⇒「Vol.1 基本の型抜きクッキーの作り方


    第2回の今回は、「アイシングクリームの作り方と塗り方」について。

    アイシングクリームの作り方

    アイシングクリームは、粉砂糖と乾燥卵白を混ぜて作ります。

    ■ 材料(クッキー15~20枚分)
    ・粉砂糖……200g
    ・乾燥卵白……5g
    ・水……30cc

    材料

    こちらは製菓製パン材料の通販サイトcotta(コッタ)さんで購入したものですが、粉砂糖はスーパーでも手に入ります。オリゴ糖入り粉糖またはコーンスターチ入り粉糖をご用意くださいね。
     
    ■ 作り方
    1.ボウルに材料をすべて入れ、泡立て器で5分くらいしっかりと混ぜ合わせます。

    2.真っ白でつやつやしたクリームになったら完成。ふた付きの容器に入れ、冷蔵庫保管で2、3日以内に使い切りましょう。


    コルネの作り方

    そしてもう一つ、アイシングクリームで線を引くときに使うコルネ(絞り袋)の作り方もご紹介します。

    コルネ用のシートは製菓材料店にもありますが、100円ショップのギフトバッグが購入しやすくおすすめです。(マチなしで、「食品を直接入れられます」と表示のあるものをお使いください)

    左のギフトバッグを対角線に沿って半分にカットし、それぞれ袋の底の部分を切って開くと、コルネに使う三角形のシートになります。また、右の「アイシング用絞り袋」も100円ショップの商品ですが、袋状になっているのでとても便利です。

    今回は塗りつぶし用のゆるいアイシングに、この絞り袋を使っていきます。
     
    ■ コルネの作り方
    1.コルネ用のシートを、右手に短い角、左に長い角、下に三角がくるように持ちます。

    2.右角を内側に向かって1回巻き、右手の指先で押さえます。

    3.できた筒に左角を2回巻きつけ、角を下に持ってきて左手の指先で押さえます。

    ★右、左、下の角は、このような位置関係になります。

    4.右角を右手指先、左角を左手指先で挟んで持ち、まず右手の親指をずらすように手前に引き、次に左手は外側で押さえている中指を手前にずらすように引きます。

    5.先端がピンと尖るので、右手を離し、左手で押さえている巻き終わり部分をテープで留めたら完成です。

    クリームとコルネが完成したので、いよいよクリームを詰めていきましょう!

    クリームの固さ調整とコルネの詰め方

    今回は、着色せず白いままのアイシングクリームで、固さ調整を練習します。

    1.クリームをカップに取り出し、スプーン1すくい分をそのままの固さで「アウトライン(ふちどり)用のアイシング」にします。

    2.作ったコルネの奥にクリームをスプーンで入れ、上の部分を折ってテープで留めます。

    3.カップの残りに水を少しずつ入れ、タラタラ流れる固さにゆるめていきます。

    ★細く垂らした線が5秒くらいでなじんで消えてしまうくらいのゆるさが、見極めポイントです。

    4.絞り袋に入れて、上を輪ゴムで留める。これが「ゆるい塗りつぶし用のアイシング」です。

    これで準備が整いました♪

    アイシングクリームの塗り方

    では実際にクッキーにアイシングクリームを塗っていきましょう!
    ※今回はプレーン生地のほか、薄力粉400をココア40g薄力粉360gに置き換えたココア生地のクッキーも使っています。

    1.アウトライン用のコルネの先端から2mmくらい内側を真っ直ぐにカットし、クッキーのふちに線を引いていきます。

    ぐるっとふちどったら、次は塗りつぶしていきます。

    2.塗りつぶし用の絞り袋は少し太めに先端から5mmくらいのところをカットし、ふちどり線に少しのるくらいに外側から塗りつぶしていきます。

    3.内側も手早く塗りつぶし、やさしくゆすって平らになじんだらOKです!

    かわいいアレンジ方法

    一部だけを塗りつぶしたり、

    線だけで模様を描くのもかわいいです。

    塗りつぶしてすぐに、グラニュー糖をかけて

    余分な砂糖を落とすと、キラキラでザラザラした質感に。

    アラザンやスプリンクルと呼ばれるお砂糖でできたデコレーションの粒もいろいろ手に入るので、アイシングを接着剤代わりに貼り付けて飾ると華やかになりますよ。

    前回ご紹介した文字スタンプを押したクッキーも、まわりをふちどってグラニュー糖をかけたら、プレートの出来上がり♪

    塗りつぶしたアイシングは乾くのに時間がかかるので、バットなどに並べて、常温で2、3時間しっかりと乾燥させてくださいね。

    難しい技法や色数を使わなくても、シンプルで可愛い、少し特別なクッキーに仕上がりました♪


    いかがでしたか? 「これは私の! これはお友だちに! これはパパに!」なんて、楽しいおしゃべりが聞こえてきそうですね。

    袋に入れてラッピングする場合は、乾燥が足りないと張り付いてしまいます。しっかり乾燥させて、翌日以降に入れてくださいね。

    舛田悠紀子

    金田一真優

    • Instagram

    札幌市出身。北海道大学法学部卒。お菓子作りとは無縁の営業マン時代を経て、夫の転勤で退職、専業主婦に。育児の傍ら趣味で始めたアイシングクッキーに夢中になり、独学で技術やコツを習得。2013年より、教室「KIN Sugar Labo.」を主宰している。自宅レッスンや出張レッスンを開催しながら、アニバーサリー円山店のアイシングクッキーの製造も手がける。

    最新の記事

    【おうち時間】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。