Lifestyle
  • 子どもたちの未来のために、今できること。「プラごみ」を減らして、環境破壊を防ごう

    2020/11/27
    PR / 札幌市環境局

    身の回りにあるたくさんのプラスチック製品。どれほど消費しているか、普段は意識しなくても、ごみ出しの日には嫌でも目の当たりにするその量。プラスチックは何かと便利な素材ですが、大量消費される一方で、環境に与える影響が大きな問題になっています。その対応策の一つとしてレジ袋有料化が今年7月から始まりました。私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることが目的です。そこで今回は、プラごみの現状を知り、今からできることを考えてみましょう。おしゃれなマイバッグの作り方も紹介します。

    暮らしの中にあふれるプラスチック製品を知ろう

    暮らしの中にあふれるプラスチック製品を知ろう

    私たちの身の回りには、どれほどの使い捨てプラスチック製品があふれているでしょうか。まずは札幌市の資源とごみの分別を例に、容器包装プラスチックに該当するものをざっとあげてみます。レジ袋、スナックや野菜の包装袋、生鮮食品のトレイ類、みそや卵のパック、お菓子の包装(個包装まで!)、梱包用発泡スチロール、ドレッシングやソースのボトル類、詰め替え用洗剤の容器、マヨネーズなどのチューブ類などなど、あらゆるものにプラスチックが使われています。

    さらにごみの分別は異なりますが、ペットボトルもプラスチック製品の一部。これら日々の生活で消耗するものだけでなく、子どものおもちゃも多くはプラスチック製品です。私たちはプラスチックに囲まれて生活していると言っても過言ではありません。

    世界で2位!? 日本はプラスチック大量消費国

    世界で2位!? 日本はプラスチック大量消費国

    国内での使い捨てプラスチック容器・包装の廃棄量を、国民一人あたりに換算すると、日本は年間約32kg。主要国・地域の中で米国に次いで第2位です。

    そもそも、プラスチック製品はなぜこんなにも世界的な問題になっているのでしょう。水を通さず丈夫なポリ袋などプラスチック製品はとっても便利な物。しかし、その特徴からも分かる通り、いわゆる“ポイ捨て”などで不適切な処分をされたプラスチック製品は環境の中で自然に分解されることなく、半永久的にたまり続けてしまいます。適切に処理された場合でも、二酸化炭素の発生によって地球温暖化に加担してしまう心配も。便利な反面、頼りすぎることで、多くの環境問題を引き起こしているのです。

    海洋プラスチックのこと、知っていますか?

    海洋プラスチックのこと、知っていますか?

    プラスチックごみの問題について、今、最もクローズアップされているのが「海洋プラスチック」です。海洋プラスチックとは、プラスチックごみが正しく廃棄されずに川や海に流れ着いた物のこと。国境を越えて、世界中の国々に漂着します。さらに太陽の紫外線や波などで劣化し、細かく砕かれるなどして5mm以下になった「マイクロプラスチック」は、魚などがエサと間違えやすく、生態系への影響も心配されています。

    海に広がったマイクロプラスチックを回収することはほぼ不可能といわれているので、未来に向けて今すぐにでもプラスチックの大量消費を考え直さなくてはいけませんね。

    手作りマイバッグで、できることから始めよう

    手作りマイバッグで、できることから始めよう

    子どもたちが暮らす未来に美しい海を残すため、誰もが健康的に生きるためにも、私たち大人がプラごみの削減に取り組まなくてはいけません。小さな一歩かもしれませんが、まずは脱レジ袋を実践するためにマイバッグ作りに挑戦してみませんか。

    InstagramやYouTubeでオリジナルのハンドメイド作品を紹介しているnuunuuworksさんに、簡単でおしゃれなマイバッグの作り方を教えてもらいました。ちょっとしたお買い物にぴったりのサイズ。洗濯しやすい布で作れば、清潔に保てます。ぜひお気に入りの布で楽しく手作りしてみてください。詳しい作り方は、YouTubeへ。

    【完成サイズ】
    たて28cm×よこ38cm マチ20cm

    【材料】
    お好みの生地:たて80cm×よこ40cm(縫い代込み)
    2cm幅の綿テープ:長さ40cm×2本


    〜nuunuuworksさんのコメント〜
    初心者さんでも簡単に作れるエコバッグです。コンビニのレジ袋も有料化になったので、コンビニのお弁当にも対応するサイズ。そしていつでも持ち歩くことができるように、軽くてかさばらず、折り畳めるデザインにしました。
    ちょっとしたコツで驚くほど簡単にマチが作れます。ぜひお気に入りの生地でオリジナルのエコバッグを作ってみてくださいね。

    nuunuuworks
    ハンドメイド作家。北海道在住。InstagramとYouTubeでハンドメイド作品や初心者向けのソーイングレッスン、暮らしのVlogなどを投稿して人気を集めている。YouTubeのチャンネル登録者数は、3万2千人を超える。
    Instagram:@nuunuuworks
    YouTube:nuunuuworks sewing

    札幌市環境局のホームページをチェック!
    ◉問い合わせ先:札幌市環境局環境事業部循環型社会推進課 ☎︎011-211-2928


    文/菅谷 環 写真/PIXTA