Baby&Kid's
  • PR ダイハツ北海道販売株式会社
    2020/10/08

    ママとキッズにやさしい車 ダイハツ「タント」試乗体験レポート!

    お子さんを持つファミリーに人気の軽自動車・ダイハツ「タント」。2019年7月にフルモデルチェンジし新しくなったタントには、子育てママにうれしい機能がたくさんあります。そこで今回は札幌市在住の小野田さん親子がダイハツ北海道販売 発寒店でタントに試乗した様子を紹介します。

    ※撮影のため、マスクや商談スペースのアクリルパーテーションを外しています。
    ※記事内では、撮影のため公園に滞在していますが、通常の試乗では店舗既定のコースにてスタッフ同乗のもと車両性能をご体感いただきます。

    「日常に車は欠かせない」小野田さん親子が試乗体験!

    小野田 志保(おのだ しほ)さん、侑波(ゆわ)くん プロフィール
    志保さんは3人の男の子を育てる、おしゃれなママ。今日は末っ子の侑波くん(3歳)と一緒に試乗体験します。平日は保育園や習い事の送り迎えで必ず車に乗っているそう。休日は旦那さんの運転でお出かけし、アクティブに過ごすのが好き。日常に車は欠かせないといいます。

     

    向かったのは、ダイハツ北海道販売 発寒店

    展示車はもちろん、試乗車も多く並ぶ発寒店

    追分通り沿いにあるダイハツ北海道販売 発寒店のショールーム。明るく清潔感ある店内は、ゆっくりとお話を聞けるカフェのような商談スペースや、キッズコーナー、オムツ替えスペースなど小さいお子さんがいるママにはうれしい設備が揃っています。

    お子さんが退屈しないよう工夫された可愛いキッズスペース

    授乳室やオムツ替えスペースなどが充実、アメニティも完備

    カーライフアドバイザーの中 優香理さん

    ご案内いただいたのは、カーライフアドバイザーの中 優香理(なか ゆかり)さん。今年で入社14年目という、ダイハツ車のことを知り尽くしたアドバイザーさんです。「発寒店は家族で来店してくれる方が多く、お子さんにも車の面白さを体感してもらうことを心がけている」といいます。

    「タント」ってどんなクルマ?

    侑波くんをキッズスペースで遊ばせながらタントについてお話を聞く小野田さん

    まずはショールーム内の商談スペースで、新型タフトをイメージした期間限定の「青い紅茶」を飲みながら中さんからお話を聞きます。タントのことは知っているけれど、乗ったことはないという「タント初心者」の小野田さん。「どんなクルマなの?」と興味津々です。中さんは「見て、乗ることでよりタントの魅力に触れることができます。実際にタントを見てみましょう」といい、試乗車に案内してくれました。

    ワクワクしながら早速タントに乗り込む侑波くん

    中さんがまず紹介してくれたのはタントならではの特長の一つ「ミラクルオープンドア」。タントには助手席と後部座席の間に通常ある「センターピラー」という柱がありません。そのおかげで、乗降や荷物の出し入れがラクラク!また、段差のないフラットなフロアなので、侑波くんも簡単に乗ることができます。

    だいちゃんを抱え、乗り心地を楽しむ侑波くん

    チャイルドシートに侑波くんを乗せるときも、とってもスムーズ。さらに助手席を前にスライドすればたっぷりスペースができます。小野田さんも「乗せやすい!」と感動していました。
    また、侑波くんは店内で見つけたダイハツ北海道販売のキャラクター「だいちゃん」のことを気に入った様子。可愛いだいちゃんも一緒にタントに乗せて、いよいよ試乗スタートです!

    広さも高さもゆとり十分な車内

    運転席に座るとすぐに「思っていたより空間が広い!」と喜ぶ小野田さん。「軽自動車は車内が狭いイメージを持たれるお客様もいらっしゃいますが、タントは天井が高いこともあり車内はとっても広く感じると思います」と中さんが答えてくれました。

    Next ついにお店を出発!