• 2019/09/30

    忙しいごはん作りも時短で快適に!節約にもつながる冷蔵庫の整理収納のコツ

    「片付けでラクする住まいのヒント集」Vol.6

    このコラムでは不動産業の傍ら整理収納アドバイザーとしても活動している札幌市在住のゆりんごさんが、「片付け」をテーマに家事や暮らしがラクになる住まいのアイデアやヒントをお届けしています。

     
    こんにちは、ゆりんごです。一気に肌寒くなってきましたね。
    食欲の秋。おいしい食材がたくさん出回る秋は、いっそう料理が楽しくなりますが、キッチンが散らかっているとなかなかやる気が出ないもの。
    そこで今回は、キッチンの中でも特にごちゃごちゃしやすい冷蔵庫の整理収納について紹介します。

    食材の整理:期限切れのものはすぐに捨てる

    食材の整理をする際に1番簡単なのが、「賞味期限・消費期限切れのものを捨てる」ことです。
    (この写真に写っているもの全て、賞味期限切れか、いつ開封したかわからないものでした…!)

    期限までに出番がなかったということは、必要なかったということ。期限切れのものを見つけたら、潔くすぐに捨ててしまいましょう!「もったいない」と思っても、いずれ賞味期限・消費期限切れになるときがやってきます。

    そして同じことを繰り返さないためにも、期限までに使い切れなかったものは買い物の際によく考えてから買うことをオススメします^^

    冷蔵庫の収納:メイクボックスを活用

    使用アイテム:ポリプロピレンメイクボックス・1/2(税込250円)、ポリプロピレンメイクボックス・1/4(税込190円)」

     
    整理が終わったら、収納にうつります。
    ここで大切なのが、「常備しているものとそうでないものをきちんと把握する」ことです。
    常備しているものには「定位置」を作ってあげることで、在庫の管理がしやすくなります。
    わが家では無印良品の半透明メイクボックスとセリアの味噌ストッカーを活用。定位置管理しやすいように、ラベリングもしています。

    冷蔵庫の収納:パッケージをシンプルにしてみる

    カラフルなパッケージが多く、どうしてもごちゃごちゃした印象になりがちな冷蔵庫の中。
    パッケージを剥がしたりシンプルなケースを使ったりすると、スッキリ感が出ますよ^^

    ただ、中に何が入っているのかわからなくなってしまっては本末転倒です。こちらでもラベリングはお忘れなく♪

    冷蔵庫の収納:容器を揃える

    作り置きや残り物は何に入れて保存していますか?
    わが家では今まで普通の器を使っていたのですが、重ねることができない上に中身もわかりづらく、ちょっとした悩みでした。

    そこで最近取り入れたのが、iwakiの保存容器。シンプルなのでスッキリしますし、ガラスなので中に何が入っているのかすぐにわかるのでオススメです。

    冷蔵庫の収納:余白スペースを作る

    何かを冷蔵庫に入れたいとなったときにすぐ対応できるように、何も置かないスペースを作っておきましょう。
    鍋をそのまま入れたり、作り置きや残り物を入れたりできますし、急な頂き物にもすぐに対応できます。スイカやメロンのような大きな果物などの置場に困ることもありません^^

    Next 冷凍庫と野菜室は「仕切って」収納