• 2020/02/10

    #7−最終回−|お友達やパパに贈る「バレンタインクッキー」を作ろう

    「アイシングクッキーで楽しむ親子時間」

    今回は、これまでにお伝えしてきた内容の集大成としてバレンタインのクッキーづくりに挑戦します。シンプルなハート型だけでアレンジするセットと、最近販売されている珍しい形のクッキー型を使ったセットを作っていきますよ。


    <用意するもの>
    ◎クッキー生地(今回はココア生地を使います)
      #1 基本の型抜きクッキーの作り方

    ◎アイシングクリーム
      #2 アイシングクリームの作り方と塗り方

    ◎ハートの型 など

    シンプルなハート型でアレンジ

    まずはシンプルなハート型から。最近は100円均一ショップでもクッキー型の取り扱いがあるので、手に入れやすいですね。

    アイシングカラーを数色混ぜて色作りをします。バレンタインなので、ピンクや赤、チョコレート風の色にしてみました。

    白・・・・・・・・着色なし
    うすピンク・・・・cristmas red+brown
    濃いピンク・・・・rose+brown
    赤・・・・・・・・christmas red
    うす茶・・・・・・brown
    ミルクチョコ茶・・brown+black
    ビターチョコ茶・・brown+black

    アウトライン用のアイシングを小さなコルネに取り出し、水を加えてとろとろ流れるゆるいアイシングにし、大きなコルネに詰めます。ゆるい塗りつぶし用は、平らな表面にとろとろ流れたアイシングの跡が5、6秒くらいでなじんで消えてしまうくらいのゆるさです。

    アイシングの着色と固さについてはVol.2で紹介しているので、わからなくなったらこちらで確認してみてくださいね。

    コルネの先をほんの少しカットして、アウトラインを描きます。

    ゆるいアイシングで塗りつぶしていきます。気泡が入ったら、つまようじやピックなどで取り除いてくださいね。

    表面が乾く前に、ストライプのラインを入れます。

    表面を浅く引っ張ると、模様ができます。上から下に、隣は下から上にひっぱると、矢羽のような模様を作ることができます。

    ピンクのハートに白いドットをのせて、可愛い水玉に。

    大小のドットは、ドットの少し外側から表面を浅くまっすぐにひっぱって、ハート模様を作るのもおすすめです。

    乾く前になじませる模様を入れたものと、つるんと一色のものと作ってみました。
    常温または乾燥器(フードドライヤー)を使って乾燥させます。

    表面が乾いたら、文字を入れたり、アラザンなどのつぶつぶで飾ったりして仕上げてくださいね。

    定番のハート型を使ったアレンジは無限♪ お子さんと楽しくたくさんのクッキーが作れると思いますよ。

    Next まわりと差がつくデザインにも挑戦! >>