• 2019/12/12

    #6|クリスマスに飾るお菓子のおうちを作ろう!


    「アイシングクッキーで楽しむ親子時間」#6
    アイシングクッキー教室を主宰する傍らアニバーサリー円山店のアイシングクッキーの製造も手がける、札幌市在住の金田一真優さんによる連載コラム。親子で楽しみながら少しずつレベルアップできるように、作り方やアレンジ方法を工程別に紹介しています。


    今回は「立体」に挑戦! 夢のお菓子のおうちをクッキーで作りましょう。

    クッキーハウス(ヘクセンハウスとも呼ばれています)の抜き型もいろいろ販売されていますが、今回は型ではなく、方眼用紙に書いた型紙を使って作りました。

    アイシングで壁や屋根を塗りつぶして本格的にしても、クッキー生地そのままで組み立ててお子さんと市販のお菓子で飾っても、どちらでも楽しめますよ。


    ◎クッキー生地は用意できていますか?
     Vol.1 基本の型抜きクッキーの作り方
      〜今回はココア生地を使います〜

    ◎アイシングクリームは用意できていますか?
     Vol.2 アイシングクリームの作り方と塗り方


    まず、こんな感じで2パターンのおうちの型紙を書いてみました。

    一つはおうちと聞いて思い浮かべるようなシンプルな形のもの。

    前壁、後ろ壁1枚ずつ、横の壁2枚、屋根2枚、敷地が必要です。
    クッキー生地の厚みを考えて、横の壁より屋根を少し長く取ってください。

    煙突を乗せたり、ツリーやプレゼントの形のミニクッキーを加えてもより楽しくなりますね。

    もう一つは正面の壁が三角で、傾斜をつけた屋根と合わせて、前壁、後ろ壁1枚ずつと屋根2枚、敷地で作るパターンです。

    伸ばしたクッキー生地に切った型紙を乗せて、包丁でまわりをカットしていきます。

    クッキングシートを敷いた天板に移動してから表面の型紙をはがすと、形が歪むのが防げますよ。

    表面をレンガ風にするこのようなスタンプも販売されていますし、製菓用のカードを使って跡をつけることも可能です。

    通常通りに焼いて、冷まします。

    表面をアイシングで塗る場合は、色作りをしていきましょう。
    見本(完成写真)は、シンプルなおうち(写真左)は前後の壁と屋根、三角のおうち(写真右)は屋根を塗ってみました。
    アイシングカラーを数色混ぜて着色しています。

    ▼今回、私が使った色はこちらです。
    白・・・・着色なし
    みどり・・leaf green+royal blue
    グレー・・black+brown
    赤・・・・christmas red
    金茶・・・yellow+brown
    ネイビー・royal blue+black

    アウトライン用を小さなコルネに取り出し、水を加えてとろとろ流れるゆるいアイシングにし、大きなコルネに詰めます。

    ゆるい塗りつぶし用のアイシングは、平らな表面にとろとろ流れたアイシングの跡が5、6秒くらいでなじんで消えてしまうくらいのゆるさです。

    アイシングの着色と固さについてはVol.2で詳しくお伝えしているので、わからなくなったら読み直してみてくださいね。

    先をほんの少しカットして、アウトラインを書いていきます。穴のまわりも書いてくださいね。
    それからゆるいアイシングで塗りつぶしていきます。

    常温または乾燥器(フードドライヤー)を使って乾燥させます。

    乾燥したら、それぞれの壁や屋根の細部を描き込んでいきます。
    組み立ててからは描きにくいので、平らな状態でできるところまで作業するのがオススメです。

    レンガの壁はそのままでもかわいいですが、表面と溝に白のゆるいアイシングを筆で塗ると、ざらざらした壁の風合いを出すこともできます。

    文字や模様を描ける部分を描き込み、壁と屋根、小さなパーツの用意ができました。

    この状態でしっかりと乾燥させてから、組み立ての作業に移りましょう。

    Next 組み立て作業に挑戦! >>