• 【参の重】下ごしらえが味の差に「鶴小イモ」

    2019/12/29

    おせち料理の参の重に入れる「鶴小イモ」のレシピをご紹介。

    鶴は千年、亀は万年といわれ、古くから長寿の象徴とされてきました。小イモがたくさん付くことから、子孫繁栄の縁起物とされている里芋を鶴のくちばしに見立てた、めでたい飾り切りです。

    材料

    ◎5人分(1人分 40kcal)
    里芋(小)……5個
    コメのとぎ汁……カップ2
    <a>の八方だし……カップ2
    昆布……10g
    A・グラニュー糖……小さじ2
    A・塩……小さじ1/2
    A・しょうゆ……小さじ1
    A・本みりん……大さじ1
    ※和三盆糖を使うと、より優しい甘さに仕上がります

    作り方

    1.里芋は上下を切り落とし、側面を六角形に切る。上部は中央をくちばし形に飾り切りする。

    2.鍋に①とコメのとぎ汁、芋が浸るくらいの水を入れて中火でゆでる。竹串を刺してスッと通るくらいになったら取り出し、水にさらして水気を切る。
    3.鍋に②と浸るくらいの水を入れてゆでる。沸騰し始めたらすぐ火を止め、水にさらして水気を切る。
    4.別の鍋にだしと昆布、③を入れて中火にかける。沸騰したら弱火にしてAを加え、5分ほど煮て火を止める。
    5.保存容器に入れて冷まし、冷蔵庫に一晩置いて味を含ませる。


    道新ポケットブック2016年11月号【家のおせち】より
    料理制作/小葉松 弘恵 撮影/亀谷 光(光写真事務所) スタイリング/本多 えり子

    Latest

    【おもてなし】 最新の記事

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。