• 30分で3品完成♪ 毎日の献立作りがラクになる、"レンチン"作りおき幼児食レシピ集が発売

    幼児期の子どもを持つママやパパにとって、日々、頭を悩ませる献立メニュー。「離乳食が終わったあと、何を作ればいいの?」「毎食、大人用と子ども用を分けて調理するのは大変」「仕事から帰宅後は、子どもの世話と夕食の準備でバタバタ」…そんなとき、あったらうれしいのが、温めるだけですぐに食べられる“作りおき”です。そこで、毎日の献立作りがラクになる、“レンチン”作りおき幼児食レシピ集をご紹介します。

    忙しいママやパパの時短を叶える!
    レンジ専用・作りおき幼児食レシピ集

    レンジ専用・作りおき幼児食レシピ集『<1歳半~5歳>子どもと食べたいレンチン作りおき』(世界文化社)は、「台所に立つ時間を減らしたい」「でも体にいいものを作ってあげたい」そんなママやパパの願いと時短を叶える1冊。限られた調理時間を効率よく使える作りおき幼児食を、レンジ調理でさらに便利に進化させました。

    温めるだけで手作りの料理がすぐに用意できるなんて、忙しいママやパパの強い味方になってくれること間違いなし。家事が早く終われば、子どもとの楽しい時間も増やせそうですよね。

    また、夏休みなどの長期休みは朝・昼・晩と家族に料理を作る機会が増えるため、電子レンジ調理の作りおきメニューを取り入れることで、気持ちの負担も減るかもしれません。

    30分で3品完成! 14日分の献立を掲載

    このレシピ集の魅力は、なんといっても電子レンジだけで調理できる点。レンジ加熱なら、コンロのそばに張り付いている必要がないので、加熱中にほかの料理の材料を切ったり、味付けしたりと、調理時間の短縮にもつながります。

    本書では、段取り良く30分以内で3品が完成するレンチン作りおき献立を14日分掲載。作りおきのために、まとまった時間を休日などに取る必要がないのもうれしいポイントです。

    また、鍋やフライパンは使わずに耐熱容器やコンテナなどで調理するので、洗い物も少なく、後片付けも簡単。火を使わないので、夏の暑い時期にも助かります。

    保育園栄養士が教える、子どもが食べやすいおかずとアレンジレシピ

    離乳食から大人と同じ食事メニューを食べるまでの移行期間である幼児食には、食材の大きさや固さ、味つけなどにコツがあります。著者である中村美穂さんは、管理栄養士として保育園の給食も手掛けた経験もある幼児食のプロ。幼児にとって食べやすく、かむ力を育てる調理と、子どもの味覚を育てる薄味メニューを紹介しています。

    また、そのまま食べてもおいしい「おかずの素」を活用したメインのアレンジメニューや、食材別のスピードサブおかず、野菜のおやつなど、豊富なバリエーションを掲載。1冊あれば飽きることなく作りおきメニューが楽しめるラインナップも魅力です。

    離乳食よりも難しいという声も聞かれる幼児期の食事。その強い味方になってくれる1冊、手に取ってみませんか。

    『<1歳半~5歳>子どもと食べたいレンチン作りおき』
    著者:中村美穂
    発行:株式会社世界文化ブックス
    発行・発売:株式会社世界文化社
    定価:1,452円(税込)
    発行年月日:2021年5月11日
    ISBN:978-4-418-21308-5
    判型:B5変型判 128ページ
    amazon購入はこちら
    ※一部書店により発売日が異なります

    最新の記事

    【ごはん・おかず】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。