• 2020/06/05

    ささっと15分で出来上がり♪ 手軽でおいしい「麺レシピ」5選

    普段のお昼ごはんは、ささっと手軽に済ませたいという人は多いはず。そんなときに麺料理はぴったりです。そこで、15分以内で完成するとびきり簡単なレシピ5品をご紹介。手軽でおいしい、実用的なレシピをぜひ活用してみてください。

    ささっと時短ポイント

    調理時間を短縮する「時短ポイント」を紹介。ここで紹介するレシピはもちろん、他の料理にも応用できます。

    ● 電子レンジを効率よく使う

    ● 合わせ調味料を準備する

    ● 味付けに市販の商品を生かす

    ● ちょい足しでも立派な料理に

    ● 早ゆで麺や冷凍麺を賢く使い分ける

    ● 切り方を工夫する

    ● 缶詰を有効に活用する

    ● 使用する材料は少なく

    長ネギを香ばしく焼くとよりおいしい
    「焼き鳥カレーつけそば」

    焼き鳥カレーつけそば

    おうちで簡単に作れる「カレーつけそば」。
    味付けは麺つゆとカレールーだけ。焼き鳥の缶詰を使うことで、時短も実現できる嬉しいレシピです。

    カレーの香りが食欲をそそるので、暑い日のお昼ごはんにもピッタリ。
    冷たいそばに温かいカレーつけ汁をつけてどうぞ♪

    麺によく絡むとろみのついたつけ汁は、うどんに合わせるのもおすすめです。

    >> 詳しい作り方はこちら

    淡白な麺を濃厚なつけ汁で
    「担々つけそうめん」

    担々つけそうめん

    いつも同じ食べ方になりがちなそうめんを担々麺風にアレンジ。
    コクのある風味と豆乳のまろやかな味わいに、ラー油が効いた一品です。
    辛いのが好きな人は豆板醤を加えてみても♪

    麺つゆに飽きたときや、食欲がないときに、冷たいそうめんをピリ辛&濃厚なつけ汁につけて食べたら、新しいおいしさを発見できるはず。
    そうめんの代わりに、うどんや中華麺を使ってもおいしいですよ。

    >> 詳しい作り方はこちら

    熱々のごま油の香りが立つ
    「しらす焼きそば」

    しらす焼きそば

    カルシウムが豊富なしらすをたっぷり使ったアレンジ焼きそば。
    電子レンジでチンした中華麺に具材をのせ、フライパンで熱した調味料をかけるだけ、という手順も味付けも簡単シンプルなレシピは、覚えておくと大助かり!
    しらすと熱々のごま油の風味で食も進みます。

    いつもとはちょっと違った焼きそばを食べてみたいときにおすすめのレシピです。

    >> 詳しい作り方はこちら

    丼の中で混ぜながら楽しむ
    「台湾風混ぜそば」

    台湾風混ぜそば

    おうちで手軽に作れる、人気の汁なし麺「台湾風混ぜそば」。
    卵黄の周りにピリ辛の肉そぼろや小ネギ、刻みのりなどをぐるっとトッピングした、カラフルで見た目にも楽しい一品です。

    味付けに焼き肉のたれを使うことで、少ない調味料で本格的な台湾風混ぜそばが作れます。

    麺を食べおわった後は、残った具材にごはんを少し加えて一緒に食べる「追い飯」もおすすめ。
    これ一品でお腹いっぱいになります。よく混ぜてどうぞ♪

    >> 詳しい作り方はこちら

    コンビニでも手に入るサラダチキンを活用
    「そばサラダ」

    そばサラダ

    中途半端に余った乾麺のそばや、残ったゆでそばがあったら、ぜひ試してほしいのが「そばサラダ」。
    野菜と鶏肉がたっぷりのった、ボリューミーでメインにもなる一品です。

    コンビニでも手に入るサラダチキンを使うことで、調理時間をグッと短縮!
    冷蔵庫の余った野菜をのせてもOKなので、余った食材を使い切るレシピとしても重宝します。

    さっぱりヘルシーに美味しく食べられるので、夏バテで食欲のない時にもピッタリです。

    >> 詳しい作り方はこちら

    道新ポケットブック
    毎月発行している、料理や健康などをテーマとした小冊子。北海道新聞の販売所が、ご購読いただいている方に配布しています。

    ◎各号の誌面はこちら >> https://www.hokkaido-np.co.jp/pocketbook/


    2020年4月号 ≪お昼は麺でささっと≫
    普段の昼ごはんは、ささっと手軽に済ませたいという人にピッタリなのが麺料理。麺の種類別に15分以内で完成する簡単な料理を紹介します。電子レンジを効率よく使う、合わせ調味料を活用する、切り方を工夫するなどの「時短ポイント」も掲載。手軽でおいしいレシピ集です。


    ※材料の分量はカップ1=200cc、大さじ1=15cc、小さじ1=5ccで表示しています。
    ※焼き時間や加熱時間は、機種などによって差が生じる場合があります。
    ※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。