• 2020/05/27

    手軽に楽しくお菓子作り♪ 「変身スイーツ」レシピ5選

    お菓子作りは多くの工程があり、時間がかかります。材料や道具もいろいろ用意しなければならず、面倒だと敬遠している方も多いのでは。そこで、すでに完成している食品やパイシートなどの半製品を使った、手軽に作れるお菓子のレシピを5品ご紹介。思いがけないものが本格的な仕上がりになり、新しいおいしさに。名付けて「変身スイーツ」です。

    作り始める前に

    手軽といっても、基本ルールを守らないと上手に仕上がりません。次の3点に注意しましょう。

    1.はかりや計量カップ、計量スプーンで、きちんと量りましょう。
    2.下準備で「室温にする」と表示されている場合は、材料を冷蔵庫から30分以上前に出しておきます。
    3.オーブンで焼く場合は予熱しておきます。予熱にかかる時間は温度や機種によって違うので、注意しましょう。

    自分好みにデザインしよう
    「鈴カステラのロリポップ」

    鈴カステラのロリポップ

    鈴カステラで簡単にロリポップが作れます。
    アラザンで飾ったり、チョコペンで自由にお絵かきしたり。
    大好きなキャラクターの顔を描いてあげたら、小さなお子さんもきっと大喜び!
    簡単にデコレーションできるので、お子さんと一緒に作って楽しむのもいいですね。

    マシュマロでアレンジしたり、プリッツやポッキーに刺して持ち手まで食べられるようにしてみたり、バリエーションはさまざま。自分好みのデザインを楽しんで♪

    >> 詳しい作り方はこちら

    色ガラスをはめたよう
    「キャンディークッキー」

    キャンディークッキー」

    型抜きクッキーにひと手間加えるだけで、色ガラスをはめたような仕上がりに。
    キラキラ輝く、宝石のような見た目のクッキーは、大人にも子どもにも大人気!
    ちょっとしたプレゼントにもおすすめです。

    難しそうに見えますが、型抜きクッキーにキャンディーを入れてオーブンで焼くだけ。意外と簡単に作れちゃうんです。

    同じ型でキャンディーの色をかえたり、同じ型のサイズ違いを組み合わせたりしてもかわいいですよ。

    >> 詳しい作り方はこちら

    チーズは使わずに風味を似せて
    「ヨーグルトのティラミス風」

    ヨーグルトのティラミス風

    チーズや卵を使わずに仕上げる、ティラミス風のスイーツ。
    水切りヨーグルトを使うことで、クリームが重くなりすぎず、後味がしつこくありません。
    マシュマロも入っているので、プルンとした食感に。
    ひんやりとして口当たりの良いデザートです。

    メレンゲを作る手間もなく、本格的なティラミスより手軽に作れる上に、ヘルシーなのも嬉しいポイント。

    ※レシピではインスタントコーヒーを使っていますが、小さなお子さんも食べる場合はデカフェにするか、ココアで代用すると安心です。

    >> 詳しい作り方はこちら

    サクサクの焼きドーナツ
    「パイドーナツ」

    パイドーナツ

    生地をいちから作らずに、冷凍パイシートで作る簡単ドーナツ。
    揚げずにオーブンで焼くため、サクサクとした食感になります。

    型抜きやデコレーションをお子さんと一緒に楽しむのもおすすめ。
    レシピでは抹茶のアイシングを使ってデコレーションしていますが、ココアやいちごジャムなど、好きな味にアレンジしてみて。
    溶かしたチョコレートをかけて、仕上げにカラースプレーやアラザンで飾っても。

    >> 詳しい作り方はこちら

    アイスクリームの紙容器を利用
    「アイスケーキ」

    アイスケーキ

    おなじみのバニラアイスクリームが特別感のあるアイスケーキに変身!
    彩り豊かで、見た目にも涼しく、夏のパーティーやおもてなしにもおすすめです。

    何と言っても、「材料をアイスクリームの紙容器に詰めて冷凍庫で冷やすだけ!」という手軽さが魅力。
    「どんな順番で詰める?」なんて話しながら、お子さんと一緒に作るのもいいですね。
    固まるのをワクワクしながら待つ時間が、きっとおいしさを増してくれるはずです。

    ※レシピではレーズンにラム酒を振りかけていますが、小さなお子さんも食べる場合はラム酒の使用を避けるか、他のフルーツなどで代用してください。

    >> 詳しい作り方はこちら

    市販品をうまく活用して、手軽にお菓子作りを楽しんで

    「お菓子を手作りしてみようかな? でもちょっと面倒…」。そんな時はすでに完成している食品やパイシートなどの半製品をうまく活用すれば、気軽に作ることができます。いつもは気づかなかった、ちょっと驚きで、かなり楽しい、新たなおいしさに出会えるかもしれません。


    ※材料の分量はカップ1=200cc、大さじ1=15cc、小さじ1=5ccで表示しています。
    ※焼き時間や加熱時間は、機種などによって差が生じる場合があります。
    ※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。