• 【そうめんアレンジ】夏の定番!おうちで沖縄気分を味わえる「そーめんチャンプルー」

    2022/08/02
    沖縄の家庭料理・そうめん(ソウミン)チャンプルー。「チャンプルー」とは沖縄の方言で「混ぜ合わせる」という意味ですが、今では季節の野菜と豆腐を一緒に炒める料理を指すのが一般的です。そうめんを炒めた料理は「ソーミンタシヤー」といいます。道民の私が抱く沖縄のイメージで作ってみました。

    筒井麻依子

    筒井麻依子(maimaichan1214m)

    • Instagram

    日々の料理やレシピを投稿している人気のインスタグラマー。独身時代、脱サラ独立してススキノで小料理屋を経営。現在は3人の子どもの育児に奮闘しながら、Instagramを中心に活動。企業のアンバサダーとしても活躍している。料理インフルエンサーの活躍を表彰する「フーディストアワード2021」Instagram部門3位。北海道札幌市在住。

    材料(2人分)

    • 15分

    材料

    そうめん4束(200g)
    ポークランチョンミート100g
    ゴーヤー1/2本
    和風だしの素大さじ2
    2個
    かつお節大さじ2
    塩コショウ少々
    ごま油大さじ1

    作り方

    1. ゴーヤーは縦半分に切り、スプーンで種とわたを除き、横2~3mm幅に切る。スパムは1~2cm幅に切る。

      作り方1の1作り方1の2
    2. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、そうめんをゆでる。再沸騰したら火を止め、1分程ほど置いてからざるにあげ、流水でぬめりをとるようにもみ洗いし、水気をしっかり切る。

      作り方2の1作り方2の2
    3. フライパンを熱してごま油をひき、強火で①のゴーヤーを炒める。

      作り方3
    4. ランチョンミートを加えてさっと炒めたら、②のそうめんを加えて炒め合わせる。

      作り方4の1作り方4の2
    5. 和風だしの素と塩コショウで味付けをしたら器に盛り付ける。

      作り方5
    6. フライパンで目玉焼きを焼き(フライパンがくっつくようならサラダ油小さじ1をひく)、⑥の上にのせて、かつお節をかけたら完成。

      作り方6の1作り方6の2

    コツ・ポイント

    • ゴーヤーの苦みが気になる場合は、砂糖小さじ1、塩小さじ1/2で揉み、5分ほど置いてから水洗いしたものを使うと◎。苦みが程よく抜けて食べやすくなります。
    • ゴーヤーを炒める場合、絶えず混ぜないで上下をしっかり焼きつけるとおいしいですよ。

    レシピ・スタイリング・撮影/筒井麻依子

    • 材料の分量はカップ1=200cc、大さじ1=15cc、小さじ1=5ccで表示しています。
    • 基本的に材料を洗う工程は省略しています。

    最新の記事

    【レシピ】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。