• 【子どもが喜ぶキャンプ料理】 食材を入れて待つだけ♪ 体の芯から温まるキャンプ鍋 「スンドゥブ」

    料理研究家の舛田悠紀子さんが、子どもが喜ぶキャンプ料理のレシピをご紹介。アウトドアだけでなく、毎日の食卓にも活躍するレシピを、夜ごはん、朝ごはん、デザートに分けてお届けします。手軽に作れるものばかりなので、親子で一緒に作るのもおすすめですよ。

    夜ごはんメニュー「スンドゥブ」

    日中は暖かくても北海道の夜はまだまだ冷え込みます。ピリ辛味のスンドゥブは体の中から温まるので、秋冬だけでなく、夏でも冷んやりと涼しさを感じるキャンプ場でのメニューにも最適です。

    あらかじめ自宅で材料を切っておくと、煮るだけという手軽さもキャンプでは大事なポイント。シメはラーメンを入れたり、ご飯を入れて卵でとじたりして、最後までおいしく食べられます。紹介する具材の他にも好きなものを入れて楽しんでくださいね。

    舛田悠紀子

    舛田悠紀子(料理研究家)

    フードコーディネーター/北海道フードマイスター。「家族に食べさせたい、優しい料理」をコンセプトに活動。広告の料理製作、カフェのメニュー開発などを行う。全国メディアで料理コラムや動画を連載中。

    材料(3〜4人分)

    • 15分

    材料

    豚ひき肉200g
    ベビーホタテ1パック
    長ネギ1/2本
    絹ごし豆腐1丁
    ニラ1わ
    ごま油適量
    味噌大さじ2
    中華スープの素(顆粒)大さじ1
    しょうゆ小さじ1
    コチュジャン小さじ2
    にんにくチューブ、しょうがチューブ各小さじ1
    約700cc

    作り方

    1. 長ネギはみじん切りにする。

      作り方1
    2. ニラはざく切りにする。

      作り方2
    3. 鍋にごま油を熱し、にんにく、しょうが、長ネギを入れてしんなりするまで炒める。

      作り方3
    4. ひき肉を加えて、色が変わるまで炒める。

      作り方4の1
    5. ベビーホタテを入れて炒める。

      作り方5
    6. コチュジャンを加えてさっと炒める。
      ◎辛いのが苦手なお子さんには量を減らして調整してください。

      作り方6の1作り方6の2
    7. 水を注ぎ、沸騰したら中華スープの素、味噌、しょうゆで調味する。

      作り方7
    8. 豆腐をお玉ですくいながら鍋に入れ軽く煮る。

      作り方8の1作り方8の2
    9. 仕上げにニラを加える。

      作り方9

    コツ・ポイント

    • ベビーホタテを入れると、味にうま味が出るのでぜひ入れてみてください。
    • 最初にひき肉、ネギ、にんにくとしょうがで炒めるのがおいしさのポイントです。

    完成

    撮影/中嶋史治(BLUE COLOR DESIGN) レシピ&スタイリング/舛田悠紀子

    • カロリーは1人分での表記になります。
    • 材料の分量はカップ1=200cc、大さじ1=15cc、小さじ1=5ccで表示しています。
    • 電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.1倍の時間で加熱してください。また機種などによって差が生じる場合がありますので、様子をみながら加熱してください。
    • 基本的に材料を洗う工程は省略しています。

    最新の記事

    【ごはん・おかず】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。