• 2019/03/21

    冷めても弾力がある|甘酒卵焼き

    道新ポケットブック 2019年3月号から、甘酒を使った卵焼きのレシピをご紹介。
     
    ■ 材料(2人分) 1人分 178kcal
    卵……2個
    A・甘酒……大さじ2
    A・水……大さじ2
    A・和風だしのもと(顆粒)……小さじ1/2
    A・しょうゆ……小さじ1/2
    サラダ油……適量

    ■ 作り方
    1.ボウルに卵を割り入れ、Aを加えてよく混ぜる。
    2.卵焼き器(またはフライパン)を中火で熱してサラダ油を入れ、①を1/4量流し入れて全体に広げる。火が通ってきたら奥から手前に巻き、巻いた卵を奥側に寄せる。
    3.空いた所にサラダ油を足して②を2、3回繰り返す。焼き上がったら火を止めて粗熱を取り、6等分に切る。


    料理制作 / 及川 聖香(フードコーディネーター)
    撮影 / (有)スタジオ・アイ
    スタイリング / 菅原 美枝

    道新ポケットブック
    毎月発行している、料理や健康などをテーマとした小冊子。北海道新聞の販売所が、ご購読いただいている方に配布しています。
    *各号の誌面はこちら【 https://www.hokkaido-np.co.jp/pocketbook/
    *インスタグラムのアカウント【 @doshin_pocketbook 】も開設中!


    2019年3月号 ≪手作り甘酒活用レシピ≫
    コメと水、米こうじを混ぜ、発酵させて作る「米こうじの甘酒」は、アミノ酸やビタミンB群、ブドウ糖、食物繊維などいろいろな栄養素を含むことから「飲む点滴」ともいわれ、疲労回復や風邪予防などの効果が期待されています。本誌では、ノンアルコールで砂糖不使用の米こうじの甘酒を使ったレシピを紹介します。