• 2019/10/25

    ⑦食育活動 健康な体づくり後押し <働くママごはん>

    北海道新聞朝刊「くらし(子育て)面」の連載コラム。筆者は、空知管内栗山町の料理研究家、井澤綾華さん。毎月第4金曜日に、「働くママごはん」と題して食育への思いをつづっています。

     
     大学生時代から食育に興味を持っていました。田植えや収穫祭などのイベントを企画したり、ボランティアで関わったりしました。

     栗山町に住むようになってからも、子どもたちやお母さん向けの料理教室の講師をしてほしいと声をかけていただくことがあります。食育をテーマにした市民グループの懇談会に招かれ、話したこともあります。

     未来を子どもたちが健康に暮らしていけるよう、〝食〟を選択するための知識を付けてほしいという思いは、娘を授かってからさらに強くなりました。将来、人類がどんな食生活を営むようになるのかは分からない。でも、ちょっとやそっとじゃ倒れない健康な体づくりや、そのための食の基本的な知識は、いつの時代も変わらないと思っています。

     大人が子に対してできることは限られていますが、おいしいものをおいしいと思える味覚のベースを育むことは、保護者が子に贈ることができる大きなギフトです。また、年齢を重ねるにつれ、直感的な「おいしさ」だけではなく、一緒に食べることの喜びや楽しさ、食生活の豊かさへの感謝、誰がどんな思いで作った食品なのかなども伝えていくことも大切なコミュニケーションであり、食育です。

     食育は食材について学ぶことだけではありません。そこに携わり、関わる人たちも主役です。誰とどう食べるか、誰が作ったのか、どう調理されたのか、なぜ食べるのかを考えてほしいと思います。

    地域ボランティアで子どもたちと作ったじゃがいもまんじゅう

    写真提供/井澤綾華さん

     PROFILE

    井澤綾華(いざわ・あやか)
    管理栄養士。天使大(札幌)を卒業後、2016年に空知管内栗山町地域おこし協力隊員に。17年、町内で農家を営む孝宏さんと結婚、18年に長女乃々華ちゃんが誕生。19年に育児休業から仕事復帰した。フェイスブックで野菜のレシピなどを発信中。札幌市出身。26歳。

    【Facebook】 https://www.facebook.com/izawa.aaa
    【Instagram】www.instagram.com/izawa_farm/

     BACK NUMBER

    <1> 仕事復帰の春 「おいしい」楽しく教える
    <2> 赤ちゃんをキッチンへ! 生きる知恵 こまめに伝承
    <3> 「好き」を増やす 「嫌い」自覚させない工夫を
    <4> おやつの時間 不足しやすい栄養素補う
    <5> 農業の情報発信 「おいしく食べて」の思い
    <6> ファームイン 農業の応援団増えれば


    \北海道新聞朝刊「くらし(子育て)面」で連載中(毎月第4金曜日)/

    北海道新聞朝刊「くらし(子育て)」面(毎週金曜日に掲載)では、主に乳幼児や小中学生の子を持つ親世代を対象に、育児のちょっとした工夫やサポートに関する情報、行政の支援制度の解説など子育てをめぐる多彩な話題をお届けしています。
    ぜひ紙面もチェックしてみてくださいね!