• #17|はじめてのお弁当part2 ~キャラフードで家族を笑顔に!~

    2020/03/20
    「キャラベニスト・くぼたかおりの しあわせごはん」
    「子どもの喜ぶ顔がみたい」「苦手な野菜も食べられるように」そんな願いを込めて愛情いっぱいに作られるキャラフードはお弁当だけでなくパーティーシーンなどでも大活躍。ふつうの毎日をハッピーにしてくれる、そんな“おいしい魔法”を キャラベニスト・くぼたかおりさんがお届けします。

    子どもの喜ぶ見せ方で、残さず食べるお弁当へ

    暖かな日が増え、春の訪れと共に新年度も近づいてきました。入園・入学後の生活になじみ、お友達と仲良くなるためにもお弁当は重要なアイテムの一つ。味や栄養はもちろん、残さずに食べてくれるかどうか、親のほうもドキドキです。

    そこで今回は、はじめてお弁当をつくるパパ・ママに向けて、簡単にできる立体的な盛り付けを中心にご紹介します。かわいらしい見た目ですが、野菜が多くカラフルな分、栄養もバッチリですよ。

    お弁当の作り方

    ■ 材料 (★は下記の作り方を参照)
    <おにぎり(2個分)>
    ○ごはん……100g

    <顔パーツ(各種適量)>
    ○かまぼこ
    ○パスタ(かまぼこ固定用)
    ○スライスチーズ
    ○ビアハム
    ○のり
    ○グリーンリーフ……数枚
    うずらのゆで卵……2個

    <お好みのおかず(下記は一例)>
    ○ポテトサラダ
    ○ブロッコリー
    ○サツマイモの甘煮
    ○プチトマト
    お豆腐と鶏ひき肉のつくね


    1.おかずの配置①

    ブロッコリーの茎側にマヨネーズを!


    おかずカップに入れたサラダと、ブロッコリーを配置。立体的な盛り付けの土台となるように、お弁当箱の高さよりも低めに切るのがポイント。

    ココがポイント!
    おかずカップを使う時は、最初に配置しておくとバランスのいい盛り付けに!

    2.おかずの配置②

    ブロッコリーの茎側にマヨネーズを!


    サツマイモの甘煮を、ブロッコリーにもたせかけるように傾けて置く。グリーンリーフ、豆腐と鶏ひき肉のハンバーグ、おにぎりを2つずつセット。ブロッコリーを隙間に詰め、花型のニンジンを乗せる。

    3.キャラクターの顔づくり

    鼻とほっぺは少量のマヨネーズをのり代わりにするとズレにくい!


    チーズとビアハムを丸く、かまぼこをしずく型に抜く。チーズを鼻に、ビアハムをほっぺに見立てて貼る。かまぼこはパスタを使っておにぎりに固定。

    4.仕上げ


    のりパンチで顔のパーツを抜き、目・鼻・口を貼り付ける。チーズを花型に抜き、ニンジンとブロッコリーを乗せる。ぶぶあられもその上に。ピックを刺したゆで卵、ミニトマトを盛り付けたら完成。

    ★水玉のイースターエッグ(事前準備がおすすめ)


    通常のうずらのゆで卵と食紅で着色したゆで卵を用意。

    ココがポイント!
    着色液は底や水面部分が染まりにくいので、深めの容器にたっぷりと。食紅は少量でも色が付きやすいので入れすぎないよう注意!



    短く切ったストローで白身部分だけをくり抜く。白とピンク、同じ数だけくり抜いたら、互いの色のゆで卵にはめていく。

    ★もう一品! お豆腐と鶏ひき肉のつくね

    ■ 材料
    <つくね>
    ○木綿豆腐……100〜150g
    ○鶏ひき肉……300g
    ○酒……大さじ1
    ○片栗粉……大さじ2
    ○塩コショウ……少々
    ○おろしニンニク……小さじ1
    ○おろし生姜……小さじ1
    ○大葉……適量

    <照り焼きのタレ ※よく混ぜておく>
    ○しょうゆ……大さじ3
    ○砂糖……大さじ2.5
    ○みりん……大さじ2
    ○酒……大さじ2

    ■ 作り方
    1.木綿豆腐の水をよく切り、ほかの材料全てを混ぜ合わせ、つくねのたねを作る。
    2.①をお好みの形、サイズに整えたら大葉で挟む。お弁当用で小さめにするときは、1枚の大葉で挟める程度にするのが◎。
    3.フライパンで焼く。
    4.表面が焼けたら、よく混ぜておいた照り焼きのタレを入れ、中に火が通るまで蒸し焼きにして完成!



    監修 くぼたかおり
    北海道初「お弁当学マスター認定講師」(一般社団法人日本キャラベニスト協会)

    お弁当やスイーツなどのキャラフードを投稿しているインスタグラムはフォロワー数5万人を超える。ファッション・音楽・アニメ・フードなどの“日本のポップカルチャー”を世界に向けて発信するプロジェクト「もしもしにっぽん」で、2017年よりレシピの連載開始。今注目のキャラベニストとしてファンが急増中。
    ★Instagram:@kaopan27


    北海道新聞がお届けするウェブサイト「北海道新聞 旭川支社+ななかまど」では、「キャラベニストくぼたかおりのしあわせごはん」をはじめ、旭川市近郊の最新ニュース・グルメ・イベントなどタウン情報が満載です。ぜひチェックしてみてくださいね。
    https://asahikawa.hokkaido-np.co.jp/

    最新の記事

    【お弁当】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。