• 2018/07/14

    5 <だめよ、デイビッド!>ほんとは叱りたくない 日本暮らしに戸惑う息子

    (撮影・松井聡美さん チェンマイ在住、札幌市出身)

     息子が3歳になったころ、生活の拠点をタイのチェンマイから札幌へ移しました。同時に急増したのが、私の発する「だめよ!!」です。

     例えばこんなふう。

     大好きな泥遊びの後、タイでは服の上から水を浴びて終わりだったのに、日本に来たとたん「そのまま家に入っちゃだめ!」。家の中も庭も裸足(はだし)で走り回っていたのが、今は「靴はちゃんとはいて! 脱いだらそろえなさい!」

     必死にしかる私への戸惑いや反発が限界に達したのか、その日の息子は朝からご機嫌斜め。騒ぐわ、汚すわ、言うことは聞かないわで、こちらも「だめ」のオンパレード。息子の混乱も分かるだけに、心底疲れ果てました。

     こんな時は「だめよ、デイビッド!」に助けてもらおう。裸で外へ出て行っちゃう、フライパンをお玉でたたきまくる、おもちゃは散らかしっぱなし。実に楽しそうな表情を見ているうち、スーッと肩の力が抜けていきます。

     「デイビッドとあなたは一緒だね。だめだめ言っちゃうお母さんもおんなじ」と笑ったら、息子の心もほぐれていくのが分かりました。最後は「大好きよ」と息子を抱きしめさせてくれたこの絵本、仲直りの特効薬です。

    (タイで=2015年、谷岡碧さん提供)

    「だめよ、デイビッド!」
    (デイビッド・シャノン作、小川仁央訳 評論社)

     裏表紙いっぱいに「No」の文字、扉には仁王立ちのママを描いた親目線の作品。育児のプレッシャーに悩む私たちも、実は“ダメ出し”される立場。無条件に「Yes!」を伝えてくれる子どもへのいとおしさが湧いてきます。

     PROFILE

    谷岡 碧(たにおか・みどり)
    2007年にテレビ東京へ入社、記者として秋葉原連続殺傷事件や東日本大震災の被災地を取材。12年に退社、チェンマイへ移住しNGOスタッフとして勤務。その後退職し17年に札幌へ帰郷、幼なじみのピアニストとユニット「enets」(エネッツ)を立ち上げ、絵本の読み聞かせとピアノ演奏によるコンサートを続けている。長男(4)と18年4月生まれの長女を育てる母として奮闘中。札幌市出身。33歳。

    【enetsの公式サイト】 http://enets.info/

     BACK NUMBER

    <1> <おつきさま こんばんは>満月が応援 タイで始まった孤軍奮闘育児
    <2> <くだもの>香りにうっとり切り口にがぶり ママの仕掛けは大成功
    <3> <よるくま>励ましの言葉に代えて 病気のママ友へ贈った1冊
    <4> <バスにのって>途中下車でも乗り換えても 行き先は自分しだい


    <絵本はママを育ててくれる>は、「週刊じぶん」で毎月第2土曜日に連載中のコラムです。

    北海道新聞の20~40代向けページ「週刊じぶん」(土曜朝刊に掲載)は、親としてだけではなく、夫や妻、働き手など、さまざまな立場の皆さんに読んでいただきたいページです。一人の「自分」にかえって、誰かに共感したり、自分ゴトとして考えたり。暮らしのスピードが少し緩まる週末に、そんな時間をつくるお手伝いをしています。


    【テーマは週替わり】 家族、社会、仕事、情報などの話題を週替わりで取り上げています。毎回掲載される2つの連載の筆者のほとんどは道内に住む子育て世代。いろいろな「じぶん」が、日々の楽しみややりがいを発信しています。