• #28|工作や自由研究 親子で「好き」を形に


    「ゆきりん先生の親子でおうち学習」
    北海道新聞朝刊「子育て面」で毎月第1金曜日に連載中のコラム。北海道安平町の家庭教師、本多抽紀江さんがおうちでの効率的な学習方法についてお届けしています。


    もうすぐ夏休みですね。昨年は長期休みが短かった地域もあり、久しぶりの長い休みに心が躍る親子もいるでしょう。そして昨年はなかった工作や自由研究の宿題も、今年は出題される学校が多いかと思います。

    親御さんからは毎年、「いったい何を作ったらいいのだろう」「自由研究を書かせるのが苦痛なんです!」という悩みも聞こえてきますが、実は工作や自由研究は「好きなことを形にする絶好のチャンス」でもあります。普段はなかなかできない挑戦や製作を、親子で思いっきり楽しんでほしいと思います。

    わが家では7月に入ると、工作や自由研究で何をやりたいかのインタビューを始めます。子どもたちは春の段階から「今年はこれを作りたい」「これを調べたい」と考えています。

    [広告]

    例えば小3の娘は「今年はクッキーのレシピを自由研究にしたい」「工作でもいいなら人気のキャラクターのマスコットを作りたい」と意気揚々と話します。保育園年長の息子に宿題はないものの、姉のまねをして「今年も虫の標本を作りたい」と虫が苦手な私にとって、ぞわっと来るようなことを言っています。

    とても楽しそうにあれこれと計画を立てる様子を見て、まさに「非認知能力」を育んでいるのだな、と思います。非認知能力とは目標や意欲、興味・関心を持って粘り強く、仲間と協調して取り組む力や姿勢のことです。

    少しシビアな話をしますと、中学に入ると美術や技術家庭科にも5段階評価がつき、高校受験に大きく関わります。図工や絵の描き方は感性のままでうまくいく場合もありますが、基本を知らずに中学生になり、点数がついて苦しむ子も少なくありません。ぜひ長期休みの自由研究や工作を通じ、製作する過程を一緒に学んでほしいと思います。

    本多抽紀江

    本多抽紀江(家庭教師)

    • Website

    家庭教師歴約30年。SNSを使った家庭学習支援「ぱんだちゃんのおうち学校」の校長も務める。著書に「勉強に自己肯定感は必要ない」(西日本出版社)がある。北海道を拠点に、関西、関東で活躍中。胆振管内安平町在住、2児のママ。

    最新の記事

    【遊び・学び】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。