• #27|季節が教材 国語、理科、社会まで学べる


    「ゆきりん先生の親子でおうち学習」
    北海道新聞朝刊「子育て面」で毎月第1金曜日に連載中のコラム。北海道安平町の家庭教師、本多抽紀江さんがおうちでの効率的な学習方法についてお届けしています。


    6月は季節の変わり目です。まずは夏至。一年で最も昼が長い日で、今年は21日です。

    国語分野で「夏至」は二十四節気の一つ。季節と自然の移ろいを肌で感じてきた私たちの生活と、切っても切れない関係があります。二十四節気の知識は古文を読み解くときや、和歌、俳句の季語として用いられることもあるので、受験生の武器となるでしょう。

    また、理科分野で夏至は頻出事項です。太陽の南中高度が最も高くなることや、地球が地軸を傾けて太陽のまわりを公転していること、だからこそ日本には四季があることを学びます。公転の部分では時差についても学びます。これは社会の地理の分野になります。

    国語と理科と社会の勉強をいっぺんに身に付けるチャンスですね。

    [広告]

    旧暦で6月は「水無月(みなづき)」と言います。「どうして入梅(梅雨入り)のころに『水が無い月』と呼ぶの?」ということを親子で調べてみるのもお勧めです。

    国語で出題される季語は旧暦で考えるため、注意が必要です。月の満ち欠けを中心としてつくられた旧暦の夏は、4~6月。現代の私たちは「七夕は(一般的に)7月7日だから夏」と考えがちですが、季語では秋に分類されます。同様に「天の川」も秋。スイカは夏においしく食べるから夏の季語の気がしますが、これも秋です。おもしろいですね!

    こうやって一見勉強と関係のないところにも、学びの種はたくさんあります。わが家で人気なのはお風呂での水圧の実験。ペットボトルに穴をあけ、どこが一番水圧が高いかを遊びの中から学びます。

    楽しい遊びや親子の会話が将来の勉強の助けになっていきます。親である大人も勉強をしていく楽しみがありますね。

    本多抽紀江

    本多抽紀江(家庭教師)

    • Website

    家庭教師歴約30年。SNSを使った家庭学習支援「ぱんだちゃんのおうち学校」の校長も務める。著書に「勉強に自己肯定感は必要ない」(西日本出版社)がある。北海道を拠点に、関西、関東で活躍中。胆振管内安平町在住、2児のママ。

    最新の記事

    【遊び・学び】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。