• #25|休校による勉強の遅れ 見つかるたび修正を


    「ゆきりん先生の親子でおうち学習」
    北海道新聞朝刊「子育て面」で毎月第1金曜日に連載中のコラム。北海道安平町の家庭教師、本多抽紀江さんがおうちでの効率的な学習方法についてお届けしています。


    今から1年前、新型コロナウイルス感染拡大を受けた道や国の「緊急事態宣言」により、全国の学校が休校していました。そこから続いた勉強の遅れは、少しずつ解消しつつあります。しかし、前の学年のやり残しがあると、子どもにとってはとても怖いことです。

    とはいえ、前の学年の勉強を頭からやり始めると、親子ともども息切れしてしまいます。現在の学年の勉強もあるので、それと並行して前の学年の復習をするのは負担が大きいのです。

    やり残しは、その都度修正してください。新小学2年生は、くり上がり・くり下がりの計算を指を使わずにできていますか? 時計は読めますか? チェックしましょう。

    [広告]

    ほかの学年は、現在習っている内容と関連する部分を振り返りましょう。例えば、時間と時刻であれば、前の学年の同じ分野を復習します。また、かけ算の筆算の前は九九が言えるかどうかを確かめてくださいね。わり算の筆算は、かけ算の筆算ができていなければ、最初からつまずきます。計算の部分だけをさかのぼって復習しましょう。

    ツギハギのような勉強に不安もあると思います。でも大丈夫ですよ。学校でやることを事前に家で予習しておくだけで、子どもたちの授業への導入はとてもスムーズになります。初めてのことは子どもだけだと、なかなか挑戦できません。親御さんが寄り添って学習をすすめてほしいですね。

    ここでひとつ、予習の大切なポイントをお教えいたします。教科書を音読してみてください。「え? 算数も?」と思う人もいらっしゃるかと思いますが、国語だけではなく他の教科も口に出して読むと、隅々まで気を付けて読むことができ、驚くほど中身を把握できます。ぜひ、本年度は予習型の勉強法にトライしてほしいと思います。

    本多抽紀江

    本多抽紀江(家庭教師)

    • Website

    家庭教師歴約30年。SNSを使った家庭学習支援「ぱんだちゃんのおうち学校」の校長も務める。著書に「勉強に自己肯定感は必要ない」(西日本出版社)がある。北海道を拠点に、関西、関東で活躍中。胆振管内安平町在住、2児のママ。

    最新の記事

    【遊び・学び】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。