• #11|ピリピリ受験生 お手伝い 意外な効用


    「ゆきりん先生の親子でおうち学習」
    北海道新聞朝刊「子育て面」で毎月第1金曜日に連載中のコラム。北海道安平町の家庭教師、本多抽紀江さんがおうちでの効率的な学習方法についてお届けしています。


    公立高校の受験まで、あと1カ月。今月も私立の入試や、公立の推薦入学の面接などが行われます。中学3年生は不安と緊張のピークを迎えているでしょう。

    保護者が「少し休めば?」と声をかければ「不合格になっていいの!?」と怒り、「もっと頑張らなきゃ」と激励すれば「頑張ってるよ‼」と怒るのが受験生です。家族だって気疲れしてるのに…と逆ギレしないで。受験期はいつものあなたの子じゃありません。温かい目で見守ってください。

    [広告]

    ピリピリムードを和らげるのは、お手伝いです。食事の後に全員の食器をまとめて下げる、お風呂を掃除するなど、簡単なことでいいのです。家族としての役割を果たさせましょう。「みんなのことをしてくれて、ありがとう」と声をかければ「自分は1人じゃない」と励みにもなります。

    体調管理も重要です。私立高校の入試は千人規模。マスク着用と帰宅後のうがい、手洗いは徹底させてください。出かける前には「インフルエンザに気をつけなさい」のひと言を。子どもは「分かってるよ!」と口答えするかもしれませんが、内心は「やばい、インフルになったら何を言われるか分かんない」と、気を引き締めるはずです。

    家族だって、時には緊張から解放されたいですよね。「気分転換に友達とランチしました」なんていう親のインスタグラムやツイッターの情報を、子どもは意外と見ています。息抜きはぜひ、慎重にお願いします。

    本多抽紀江

    本多抽紀江(家庭教師)

    • Website

    家庭教師歴約30年。SNSを使った家庭学習支援「ぱんだちゃんのおうち学校」の校長も務める。北海道を拠点に、関西、関東で活躍中。胆振管内安平町在住、2児のママ。

    イラスト/rocketdesign(watanabe nobuko)

    最新の記事

    【遊び・学び】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。