• 2020/01/10

    ⑩ 冬休みこそ勉強 3学期の予習集中的に <ゆきりん先生の親子でおうち勉強>

     昨年7月のこのコーナーで、「夏休みは勉強を詰め込み過ぎないで」とご提案したのを覚えていますか? 今回は「冬休みこそどんどん勉強しましょう」というお話をします。

     理由の一つは親も子も、帰宅時間が早まること。冬の北海道は、外出しても「道路が凍る前に帰ろう」という気持ちになり、家で過ごす時間がとても長くなります。こうした道産子ならではの時間の使い方を、家庭学習に利用しない手はありません。

     3学期はインフルエンザによる学級・学校閉鎖が非常に増えます。例えば1週間も学級閉鎖した後、登校を再開したら今度は自分の子が遅れて罹患、ということもあります。10日以上学校に通えない、という事態になるのです。

     ですから冬休みは、3学期の遅れを想定して予習にあててください。特に算数は、学校を休むとついていけなくなる子が多い教科です。今のうちに対策をしておいた方が、お子さん本人も不安になりません。

     ただ、得てして小学生は「習ってないことはテストに出ないもん」と、やりたがりません。ここが親の腕の見せどころです。

     教科書に準じた問題集を使って単元の要点をつかみ、一緒にいくつか解きましょう。2年生くらいまでは問題文の冒頭を子どもと指でなぞり、まず親が朗読してください。子どもは読むスピードに負けじと解きたがるはず。大人がきっかけを作れば、予習のハードルだって下がるんです。

    イラスト/rocketdesign(watanabe nobuko)

     PROFILE

    本多 抽紀江(ほんだ・ゆきえ)
    家庭教師歴約30年。教材や助言をネット配信する事業「ぱんだちゃんのおうち学校」校長も務める。胆振管内安平町在住、44歳。

    【ぱんだちゃんのおうち学校】pandanoniwa.co.jp

     BACK NUMBER

    <1> 気分を変えよう 「新しさ」演出 前向きに
    <2> 作文は一生モノ 運動会題材に学ぶ手も
    <3> 数字を見せる お菓子や小銭並べ計算
    <4> 夏休みの生活 家事のお手伝いも大事
    <5> 受験生の胸のうち 適正な志望校選びを
    <6> 料理で数字体感 単位や分数 楽しみ吸収
    <7> 天気予報とお買い物 知識得る機会 日常に
    <8> 食卓の話題は「勉強」 具体的質問で冗舌に
    <9> 学習指導要領と家庭学習 いろいろな考え方認めて


    \北海道新聞朝刊「くらし(子育て)面」で毎月第1金曜日に連載中/

    北海道安平町の家庭教師、本多抽紀江さんがおうちでの効率的な学習方法についてお届けしています。


    北海道新聞朝刊「くらし(子育て)」面(毎週金曜日に掲載)では、主に乳幼児や小中学生の子を持つ親世代を対象に、育児のちょっとした工夫やサポートに関する情報、行政の支援制度の解説など子育てをめぐる多彩な話題をお届けしています。