• 2019/07/12

    ④夏休みの生活 家事のお手伝いも大事 <ゆきりん先生の親子でおうち勉強>

    北海道新聞朝刊「くらし(子育て)面」の連載コラム。筆者は、胆振管内安平町の家庭教師、本多抽紀江さん。毎月第1金曜日に、おうちでの効率的な学習方法をお届けしています。

     
     夏休みが近づいてきました。保護者はつい、「どうやったらダラダラせずに勉強へ集中させられるかな」ということに頭を悩ませますが、ぜひ、お手伝いとの2本立てで生活させることを目指してください。

     学校では勉強だけではなく掃除当番、給食当番、日直、委員会や係活動など、どの生徒にも必ず役割が与えられています。生活の乱れを防ぐには、休み前と同じようなスケジュールを守り、変化を小さく抑えるのがいちばん。学校での役割をお手伝いに置き換えるのです。

     何をさせるかは必ず親子で話し合って決めましょう。子どもが、互いに助け合うという家族のあり方を考えるきっかけになります。「お母さんは会社で働いているんだから、僕がこれもやるよ!」といった、うれしい提案があるかもしれません。

     受験生には「勉強が大変だから」と親が気をつかい、家事をさせない家庭も多いですが、これは逆効果。子どもはただでさえ孤軍奮闘しているので、むしろ孤立感が深まります。「あなたも家族の一員だよ」ということを、お手伝いを通じて気づかせましょう。

     そもそも、道産子は暑さに弱いことをどうかお忘れなく。夏休みの計画を立てる時、子どもたちは勉強時間を普段の2割増しくらいに設定しますが、この季節はいつもより勉強が進まないのが自然なのです。

     日も長く、外遊びの時間がたくさんあるので、体力をつけさせるよう発想を変えましょう。これが、長い2学期に勉強へ集中する備えになります。

    イラスト/rocketdesign(watanabe nobuko)

     PROFILE

    本多 抽紀江(ほんだ・ゆきえ)
    家庭教師歴約30年。教材や助言をネット配信する事業「ぱんだちゃんのおうち学校」校長も務める。胆振管内安平町在住、44歳。

    【ぱんだちゃんのおうち学校】 pandanoniwa.co.jp

     BACK NUMBER

    <1> 気分を変えよう 「新しさ」演出 前向きに
    <2> 作文は一生モノ 運動会題材に学ぶ手も
    <3> 数字を見せる お菓子や小銭並べ計算


    \北海道新聞朝刊「くらし(子育て)面」で連載中(毎月第1金曜日)/

    北海道新聞朝刊「くらし(子育て)」面(毎週金曜日に掲載)では、主に乳幼児や小中学生の子を持つ親世代を対象に、育児のちょっとした工夫やサポートに関する情報、行政の支援制度の解説など子育てをめぐる多彩な話題をお届けしています。
    ぜひ紙面もチェックしてみてくださいね!