• ミスポはこだて、乳幼児向けのリトミック教室スタート

    リトミック教室の様子。「その子その子のペースで一緒に楽しい時間を過ごせたら」と和賀さん(左)
    子どもから高齢者まで幅広い世代に運動の機会を提供する函館市内の総合型地域スポーツクラブ「ミスポはこだて」は、音楽に合わせて体を動かすことで音感などを養う乳幼児向けの「リトミック教室」を今春、新たに開講した。同クラブは親子でコミュニケーションを深める時間としても利用してもらいたい考えで「まずはお母さんたちに子育てサロン的な感じで参加してほしい」と呼びかけている。

    元幼稚園教諭の和賀さんが講師 「母親同士の交流にも」

    リトミックは音楽を用いた教育法。新しい教室は元幼稚園教諭・保育士で、NPO法人日本こども教育センター認定リトミック講師の和賀みさきさん(26)=函館市=が講師を務める。

    子どもたちは和賀さんが演奏する電子ピアノのリズムに合わせて体を動かし、スカーフやフープ、タンバリンやマラカスなどの楽器も使って音楽を体で表現。音感やリズム感だけでなく、集中力や表現力、想像力なども遊び感覚で自然と身に付けられるという。

    [広告]

    和賀さんは親子での触れ合いも大切にしてもらいながら「子育て中の母親たち同士でもコミュニケーションを取れる機会。教室が気持ちのリフレッシュや心のよりどころの場所になったらいいなと思う」と話している。

    木曜の「生後6カ月~2歳児クラス」(2020年4月1日生まれまで)は午前9時10~40分、函館市亀田交流プラザ(美原1)で。土曜の「1・2歳児クラス」(19年4月2日~21年4月1日生まれ)は午前9時半~10時、コンテ日吉多世代交流センター(日吉町4)で、祝日などを除いていずれも毎週開講。月謝は月4回で3千円(月によって異なる)。回数券もある。

    初回のみ無料体験ができ、事前申し込みなしで参加可能。動きやすい服装で上靴を持参する。参加予約や問い合わせ、開催スケジュールなどはホームページhttps://www.mispo.jp/で。同クラブ事務局(電)070-4223-5090(平日午前9時~午後5時)。(石井久恵)

    (2022年5月19日 北海道新聞夕刊掲載記事)

    最新の記事

    【From 北海道新聞】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。