• #2|作文は一生モノ 運動会題材に学ぶ手も


    「ゆきりん先生の親子でおうち学習」
    北海道新聞朝刊「子育て面」で毎月第1金曜日に連載中のコラム。北海道安平町の家庭教師、本多抽紀江さんがおうちでの効率的な学習方法についてお届けしています。


    文章を書けない子が増えています。どんなテーマでも全て時系列。「朝起きました。ごはんを食べて、○○へ行きました。面白かったです」っていう具合です。小中学校では今、評価の煩雑さからあまり作文を書かせません。大学入試や就職試験では欠かせないのに。

    数少ない作文学習が、大型連休明けに練習の始まる小学校の運動会後に控えています。親のサポートも、練習と同時に始まります。

    まず子どもに「どの競技が楽しみ?」と聞き、メモさせておきます。気持ちは点数化させると掘り下げやすくなります。「リレーが楽しみだよ」「満点が100だとしたら、どのくらい?」「80点くらいかな」「すごく楽しみなのに?」「本番で失敗するかもしれないもん。クラスの代表だし、責任が重いんだよ」。そんなやりとりができるかもしれません。

    [広告]

    仕込みのピークは、総練習です。担任の先生は必ずもっと上を目指すよう示唆するので、その言葉をキャッチさせます。この作文で重要なのは「先生のアドバイスを本番でどう生かしたか」、その一点なのですから。

    読み手を意識することも教えたいですね。「どう書いたら、先生や同級生は分かってくれるかな」という発想が生まれ、方法を考えるようになります。親も「聞く力」をつけ、いい質問をして、子どもが書くべきことに気づく道筋をつけてください。夏休みの自由研究などで練習を重ねれば、家族みんなのコミュニケーション力もあがるはずです。

    本多抽紀江

    本多抽紀江(家庭教師)

    • Website

    家庭教師歴約30年。SNSを使った家庭学習支援「ぱんだちゃんのおうち学校」の校長も務める。北海道を拠点に、関西、関東で活躍中。胆振管内安平町在住、2児のママ。

    イラスト/rocketdesign(watanabe nobuko)

    最新の記事

    【遊び・学び】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。