• 子育て応援施設も併設!稚内ならではのグルメを満喫できる、日本最北の道の駅「わっかない」

    周辺に観光スポットがたくさん! 観光の拠点としても便利な道の駅

    国道40号の終点の位置に、日本最北の道の駅として誕生。純粋な「道の駅」部分は駐車場と24時間トイレだけですが、JR稚内駅とバスターミナル、複合施設などが一体となった全国でも珍しいタイプの道の駅です。

    JR稚内駅と連結した複合施設「キタカラ」には、1階に飲食・お土産店、コンビニがあり、2階には映画館やキッズルーム、市民の交流スペースなどがあります。その充実ぶりに、観光客だけではなく地元の人も多く訪れる人気の施設となっています。

    JR稚内駅の正面玄関前にはポケットモンスターのキャラクターが描かれたマンホールのふた「ポケふた」が設置されているので、ぜひ探してみて。キタカラ内のお土産店では関連グッズも販売されています。

    ポケモンのキャラクター「アローラロコン」と「アローラキュウコン」がデザインされたマンホール

    道の駅周辺には多くの観光スポットがあり、観光の拠点としても便利です。車で3分ほどのところにあるのが「副港市場」。サハリンとの玄関港として栄えた第一副港跡に建てられた観光商業施設です。地場海産物の市場、昔の稚内の街並みを再現した「みなとギャラリー」、ロシア料理店、ラーメン店が並ぶ屋台村などがあります。

    北海道遺産に認定されている「北防波堤ドーム」は、道の駅から歩いて3分ほど。全長427m、高さ13.6mの半アーチ型の防波堤で、70本の円柱が連なっています。古代ローマ建築を思わせるその姿は必見です。

    また、車で10分ほどのノシャップ岬にある日本最北の水族館「ノシャップ寒流水族館」では、北の冷たい海でたくましく生きる魚やアザラシたちを間近に見ることができます。隣には稚内市青少年科学館があり、水族館の入館料で入場が可能。

    [広告]

    子ども連れにおすすめのポイント

    ◎キッズルーム
    キタカラ内にある地域交流センターには、子ども連れにうれしいキッズルームも。ボールプールやロッククライミング、山型の滑り台、特急スーパー宗谷のミニチュア運転台などの遊具があり、跳んだり、走ったり、普段、家ではできない体を大きく動かす遊びを楽しむことができます。

    ままごとエリアや絵本コーナーでは親子で会話をしながらゆったり楽しめるので、小さな子ども連れにも安心。駅のホームを見下ろせるバルコニーに出て、電車を間近に見ることもできます。(営業時間/9:00〜18:00、年中無休、無料)

    ※2021年5月10日現在、新型コロナウイルス感染対策のため、ボールプール内にボールはありません。

    また、地域交流センターが子育て応援施設の役割を果たしているのも、1986年に「子育て平和都市」宣言をした稚内市ならでは。キッズルームと同じフロアには、トイレトレーニングができる幼児用トイレや、授乳室、おむつ替えコーナーを完備。さらに、子どもから高齢者まで世代を超えて自由に交流できる「多世代交流ロビー」では、子育ての相談も可能です。

    ロビー近くには映画館「T・ジョイ稚内」があるので、映画の上映前後にチュリトスやポップコーンを購入してゆっくりとした時間を過ごすのもおすすめ。(フリーWi-Fiも利用可)

    キッズルームで遊ぶ子ども用として、小型サイズのトイレを整備

    カーテンで仕切られた授乳コーナーとおむつ替えコーナー。お湯が出る流し台もあり調乳も可能。おむつ専用ゴミ箱も設置されています

    フード&スイーツ

    キタカラの1階中央部分を占めているお土産店「ワッカナイセレクト」に隣接しているのが「セレクトカフェ モカマタリ」。地元産の食材にこだわった体にやさしいメニューを提供しており、各種サンドイッチやサラダ、フルーツジュース、ケーキセットなどがあります。

    手作りカップケーキ&ソフトクリームのお店「オレンジエッグ」は、「宗谷の塩ソフト」や「クリームブリュレ」が評判。動物をモチーフにしたかわいいカップケーキなどもあり、手土産やギフトにも喜ばれています。売れ筋No.1の「ワッカナイポテマルコ」も、ここで開発された商品です。

    「お食事処ふじ田」は、旧稚内駅からの店で座敷やテーブル席もありますが、立ち食い席も残している風情ある店。そば、うどんのほかに各種ラーメンや丼物、定食も食べられます。

    フードセレクトショップ「ワッカナイセレクト」には、稚内を中心とした道内各地の厳選された特産品や名産品が豊富に並びます。地元の生乳をボトルに詰め込んだ「稚内牛乳」をグビッと飲み干して爽快感を味わうのも◎。

    ◎セレクトカフェ モカマタリ

    「宗谷黒牛ハンバーグサンド」(500円)
    「セレクトカフェ モカマタリ」で一番人気のメニュー。宗谷丘陵でのびのびと育てられた稚内ブランド「宗谷黒牛」を使用しています。やわらかくてジューシーなハンバーグと新鮮な野菜との相性が抜群。店内で焼いた甘みのあるモチモチのバンズがハンバーグのうま味をより引き立てています。宗谷黒牛のハヤシライスもおすすめ。

    ◎オレンジエッグ キタカラ店

    「宗谷の塩ソフト」(330円)
    キタカラ店限定、後味さっぱりのソフトクリーム。甘さを引き立たせるように、宗谷海峡の海水を使用した「宗谷の塩」が使われています。一度食べれば絶妙な甘さのとりこに。ワッフルコーン、ココアワッフルコーン、メイプルコーン、ミニお子様コーンなど、コーンやカップを選べるのも嬉しいポイント。(※メイプルコーンは280円、カップは320円、ミニは200円)

    「出汁之介(だしのすけ)もなかソフト」(480円)
    名寄産のもち米のポン菓子の上に豊富牛乳のソフトクリーム、稚内観光協会のイメージキャラクター「出汁之介」を型取ったもなかなどがトッピングされています。味はあんこ、チョコレートの2種類。もち米使用のもなかとソフトクリームの相性が◎。チョコ味はビターチョコが溶けて混ざり合うと一層おいしくなります。

    「ほじくりショコラ」(260円)
    スプーンでほじくるような感覚で食べるガトーショコラ。ほじくるほど味が混ざり合う不思議なおいしさで、オレンジエッグの人気商品です。卵は植物性の飼料で育った特級品の赤玉のみを使用し、生クリーム・バターなどの乳製品は酪農郷「豊富町」産のものを使用しています。

    ◎ワッカナイセレクト

    「ワッカナイポテマルコ」(1個110円、6個入り/箱入り690円、10個入り/箱入り1,130円)
    稚内ブランド認定の「ワッカナイポテマルコ」は、甘みの強い「勇知いも」を皮ごと使った風味豊かなじゃがいもクッキー。コクのあるしっとり生地のクッキーの中にホワイトチョコレートを入れた“しろポテマルコ”と、ブラックチョコレートを入れた“くろポテマルコ”があります。一番の売れ筋商品。

    スタンプ

    道の駅「わっかない」スタンプ
    稚内のご当地キャラは、探検家・間宮林蔵をモチーフにしている「りんぞうくん」。そのキャラと観光名所の北防破堤ドーム、利尻島の夕日を配置したデザインのスタンプです。
    ※年中無休、24時間押印可

    ▼「北海道スタンプラリー」実施中!詳しくはこちら
    http://www.hokkaido-michinoeki.jp/stamprally/

    (写真提供/株式会社まちづくり稚内)

    施設情報

    以下の情報は最新ではない可能性もあります。お出かけ前に最新の公式情報を必ずご確認ください。

    名称
    道の駅「わっかない」 公式サイト >
    住所
    北海道稚内市開運2丁目1番(国道40号沿い)
    営業時間
    休憩コーナー/5:00〜24:00、観光案内所/10:00〜18:00、売店/8:30〜18:30(7月〜9月)9:00〜18:00(10月〜6月)、カフェ/9:00〜18:00、食事処/10:00〜18:00、スイーツ店/10:00〜18:00

    ※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、夏季営業時間が変更になっています。
    ■対象期間:2020年7月1日~当分の間
    ■対象店舗:売店/9:00〜18:00、カフェ/9:00〜17:00、食事処/10:00〜17:00、スイーツ店/10:00〜18:00
    休館日
    観光案内所・売店・飲食店/年末年始
    スイーツ店/毎週水曜日、年末年始
    アクセス
    電車/JR稚内駅直結
    車/幌富バイパス豊富北ICから約30分
    駐車場
    あり(普通車88台、大型11台)
    設備・特徴
    • 授乳室あり

    • おむつ替え台あり

    • Wi-Fiあり

    • 直売所あり

    地図

    最新の記事

    【育児・子育て】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。