• #2|赤ちゃんをキッチンへ! 生きる知恵 こまめに伝承


    「働くママごはん」#2
    空知管内栗山町で料理研究家として活躍する井澤綾華さんが、食育への思いをつづります。


    妊娠中から「わが子と一緒に料理をしたい」と夢見ていた私。多くの家庭はキッチンを危険地帯とし、赤ちゃんを立ち入り禁止にするようですが、私は娘が近づいてきたら調理用具を床に置き、作業を見せます。

    包丁は危ないので、ボウルの中のものをマッシュしたりこねたり、ざるに入れたもやしのヒゲやインゲンのスジを取ったり。

    何でも触りたがって口に入れたがる時期なので、熱いものや土つきの野菜は遠ざけなくてはいけないし、足元をうろうろされるのは困るときもあります。それでも興味を肯定し、台所を親子のコミュニケーションスペースにしたいのです。

    [広告]

    ただし、作業台に物を置きっぱなしにはしません。娘の身長は70cmほどで、つま先立って手を伸ばすと台からはみ出ているものが触れます。包丁やまな板は端に置かず、使ったらすぐ片付けるようにしました。

    IHコンロや鍋は、いつもと同じように見えても熱いことがある、と理解させなくてはいけません。本物の火は熱く、赤や青などの色を放ちながらメラメラ燃えることも、バーベキューなどの時に教えたい。

    これからの時代、火を扱う機会は少なくなり、電気はスイッチを探さなくてもつくようになります。でも、災害のためにライフラインが途絶える可能性は常にあります。そんな時に途方に暮れない知恵を、こまめに伝承しなくては。林間学校や野外学習、炊事遠足などには積極的に参加させようと、今から意気込んでいます。

    写真提供/井澤綾華さん

     PROFILE

    井澤綾華(いざわ・あやか)
    管理栄養士。天使大(札幌)を卒業後、2016年に空知管内栗山町地域おこし協力隊員に。17年、町内で農家を営む孝宏さんと結婚、18年に長女乃々華ちゃんが誕生。19年に育児休業から仕事復帰した。フェイスブックで野菜のレシピなどを発信中。札幌市出身。

    【Facebook】 https://www.facebook.com/izawa.aaa
    【Instagram】www.instagram.com/izawa_farm/

    最新の記事

    【育児・子育て】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。