• スマホで子どもをかわいく撮るコツは? プロが教える撮影テクニック

    不意に訪れる我が子の大切な瞬間を撮影するには、手軽なスマホが便利。ついつい撮り過ぎてしまいますが、後で見返すと同じような写真ばかり…なんてことも。そこで、人気写真スタジオ「札幌TSUNAGU PHOTO」の斉藤愛美さんに、スマホで子どもを上手に撮るコツを教えてもらいました。

    ワンパターンにならないスマホ写真の撮り方って?

    スマホを縦に持ち、真正面から撮影すると、普通のスナップ写真になりがち。
    いつもと違うアングル(角度)を意識してみましょう。

    ポイント
    子どもを撮影するときの距離感がいつも同じだと、似たような写真が増える原因に。いつもより近付いたり、逆に後ろに下がったりと、距離感を少し変えてみるのもおすすめです。

    《 正面 》
    正面

    アングルを変えてみましょう

    《 上から 》
    上から

    スマホを子どもの目線より上に構えて撮ると、目が強調されてかわいい写真に♡

    《 遠くから 》
    遠くから

    離れて構図を少し意識してみると、今まで撮ったことのない一枚に。

    室内の撮影場所は窓際がおすすめ!
    レース越しの日差しでふんわり写真がスマホでも楽しめます。

    《 下から 》
    下から

    少し下から撮ると、イキイキとした印象に!

    スマホを横に持ってみましょう

    横位置
    スマホを横に持ち、少し離れた場所から撮影。子どもが何かに夢中の瞬間をパシャリ!

    撮影前の構図決めや、撮影中の操作がしやすくて◎。自然な見え方で撮影できます。

    使えるスマホテク
    スマホは一眼レフカメラとは違い、室内の逆光はあまり得意ではありません。そのため、ほとんどの機種に、光を自動補正する「HDR撮影機能」が搭載されています。スマホの設定でカメラのHDRモードをONにしておきましょう。

    ※写真はすべてiPhoneでの撮影

    斉藤愛美

    斉藤愛美(フォトグラファー)

    • Website
    • Instagram

    子どもの成長や家族の思い出、何気ない日常を残すフォトスタジオ「札幌TSUNAGU PHOTO」代表。スタジオ撮影のほか、出張撮影も大人気。一児の母。

    最新の記事

    【育児・子育て】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。