• 年末年始 親子でお菓子を作ろう お正月用食材をリメイク

    年末年始のおうち時間に、小さな子どもでも手伝えるお菓子作りはいかがでしょう。正月用の食材で余りがちな餅や黒豆、栗きんとんを使ったお菓子の作り方を、光塩学園調理製菓専門学校(札幌市中央区)の助教授で洋菓子担当の栗林理架(りか)さん(58)に聞きました。作り方のうち、子どもがお手伝いできるポイントを太字で紹介します。

    栗林理架さん

    クリームしぼりが楽しい 「栗きんとんのモンブラン」

    栗きんとんクリームの豊かな風味とホイップクリームの滑らかさ、クッキーの香ばしさが絶妙に合い、後を引くおいしさです。スポンジの型抜きやクリームしぼりでは、子どもの真剣な表情が見られるかも。「カスタードクリームはシュークリームやエクレアから入手してもOKです。なくても作れますが、栗きんとんクリームをしぼる途中で切れやすくなります」と栗林さん。

    材料(6個分)

    ▼栗きんとんクリーム
    ・無塩バター(常温で軟らかくする)……20グラム
    ・栗を抜いた栗きんとん……100グラム
    ・カスタードクリーム……20グラム

    ▼ホイップクリーム
    ・生クリーム……80グラム
    ・砂糖……小さじ2
    ・栗……適量

    ▼その他
    ・スポンジケーキ……1枚
    ・栗の甘露煮の半切り……6個
    ・円盤形クッキー……6枚(直径約4センチ)
     

    作り方

    《1》栗きんとんを目の細かいふるいで裏ごしする。無塩バターをゴムべらで滑らかになるまで混ぜる。バターに栗きんとんを少しずつ混ぜ、全部入れたらカスタードクリームを加え混ぜ合わせる。しぼり袋に入れ、パスタくらいの細さのクリームが出るよう袋の先を切る。

    《2》ホイップクリームを作る。生クリーム、砂糖、あればバニラエッセンス1滴程度をボウルに入れ氷水で冷やしながら、しっかり泡立てる。細かく刻んだ栗を混ぜ、直径1.5センチ程度の太めの丸口金を付けた絞り袋に入れる。

    《3》アルミカップにクッキーを入れ、スポンジをクッキーより一回り小さい型で抜く。クッキーの上にホイップクリームを少ししぼり、スポンジを乗せる。スポンジと同じ大きさになるようドーム状にホイップクリームをしぼる。

    《4》栗きんとんクリームを左右に動かして重ならないようしぼり、ケーキの向きを90度変え格子状にしぼる。その上にホイップクリームを少し乗せ、栗の甘露煮の半切りを置く。

    余った餅がおいしく変身 「黒豆鹿の子と栗鹿の子」

    「鹿の子」の名前の由来は、豆の粒が隙間なく並ぶ様子が鹿の背の斑点を思わせるからだとか。黒豆や栗の優しい甘さと餅の食感が正月気分を盛り上げます。あんを丸めて餅を包む作業は泥んこ遊びのようで、子どもが熱中しそうです。栗林さんは「年賀の来訪者に喜ばれる和菓子です。餅はあんこで全部を包まなくても大丈夫。鏡餅は硬すぎるので避けて」と話します。

    材料(各3個分)

    ▼求肥
    ・餅(切り餅やしゃぶ餅)……60グラム
    ・砂糖……大さじ3
    ・湯……大さじ2~3

    ▼つや出し寒天
    ・粉寒天……2グラム
    ・水120……cc
    ・砂糖……60グラム

    ▼その他
    ・こしあん……120グラム
    ・黒豆……約80グラム
    ・栗の甘露煮の半切り……9片
    ・片栗粉……適量

    作り方

    《1》鍋で湯を沸かし、まな板の上に茶こしで適量の片栗粉を薄く振る。沸騰したら火を止め、餅を1枚ずつ入れ、くっつかないよう軽く混ぜる。

    《2》餅が伸びるほど柔らかくなったら1枚ずつ湯から引き上げ、砂糖を入れたボウルに移す。砂糖が溶けて餅がまとまるまで、よく混ぜる。湯を大さじ1ずつ加えて混ぜ、固さを調整する。

    《3》餅を片栗粉の上に乗せ常温に冷えるまで置く。これで求肥が完成。茶こしで適量の片栗粉をふりかけて2センチ角に切り、さらに全体に適量の片栗粉をまぶす。

    《4》こしあんを6等分し手で丸くこねる。求肥の片栗粉を払い、こしあんで包み丸くする。求肥のうち3個は黒豆鹿の子にする。1個ずつ底面を除く全面に黒豆を付け、しっかり押さえ形を整える。残りの求肥は栗鹿の子にし、1個に栗の甘露煮3片を付け軽く押さえる。

    《5》水に粉寒天を入れて混ぜながら一煮立ちさせ、しっかり溶かす。砂糖を入れて混ぜ、もう一度沸騰させ火を止める。

    《6》仕上げに寒天を塗る。余分な寒天が落ちるよう、フォークの上に鹿の子1個を乗せて鍋の上に持って行き、はけで寒天を全体に塗る。フォークから外し、寒天が固まるまで常温で置く。


    取材・文/町田誠(北海道新聞編集委員)
    写真/浜本道夫(北海道新聞写真部)

    最新の記事

    【育児・子育て】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。