• 2019/10/08

    ハロウィンにもぴったり! パーティープラッターの作り方

    「暮らしを楽しく彩るアイデア帖」Vol.1

    このコラムではバースデー&パーティープランナーとして活躍する札幌市在住の久野小夜子さんが、毎日の暮らしに彩りを添える小さなアイデアや、楽しく心地よく暮らすためのヒントを毎月お届けします。

     
    今回は、いろいろなシーンで使える「パーティープラッター」をご紹介。
    プラッターとは大皿、または大皿に盛った料理のことで、見た目にも華やかな、こなれた雰囲気を演出できます。
    食べ物をバランス良く並べるだけで完成するので、一度コツを覚えると様々なパーティーやおもてなしで活躍しますよ。

    用意する物

    ・大きめのトレーやカッティングボード(なるべく平らな物が使いやすいので、まな板でもOK)
    ・食べ物やパーティーに合わせた飾り

    パーティープラッターの上手な作り方

    まずは大きな物から配置するとバランスが取りやすいです。
    今回はデコレーション用のカボチャや大きなフルーツ、小皿に入れたフードなどから並べました。

    次に隙間を埋めるように小さめの食べ物を並べていくと完成です!
    プラッター作りのポイントは、隙間が空きすぎないようにすることと、全体に色を散らすこと。
    間を埋めるナッツ類や小さなチョコレートなどがあると便利ですよ♪

    生ものを置く時はクッキングシートを敷いたり、小さなカッティングボードに乗せたりしても。

    ハロウィンプラッターにぴったり!
    ガイコツの手の作り方

    手作りのガイコツの手をプラッターに添えると、ハロウィンらしさが抜群にアップ!
    材料は白の厚紙だけ。簡単に作れます。

    作り方

    1.白の厚紙の上に手を置いて大体の形を取ります。ガイコツの指は長くて細い方が本物らしくなるので、実際の手より長めに描きます。

    2.線に沿ってハサミで切り取ります。

    3.自分の手と見比べながら関節の部分を折り曲げます。

    4.折り曲げた関節部分をさらに両手でつまんで立体的にすると、ガイコツの手が完成!


    いかがでしたか?
    大人用と子ども用を分けてみても楽しいパーティープラッターが出来上がりますよ♪
    今月はぜひハロウィンバージョンのプラッターを作って楽しんでみてくださいね。

    columnist
    久野小夜子(Sayoko Kuno)

    東京都出身、札幌市在住のバースデー&パーティープランナー。誕生日やパーティー、企業イベントの空間装飾やプランニングを手がける。コミュニティメディア「NEXTWEEKEND」でコラム「週末ホームパーティの楽しみ方」も連載中。


    Official Website:thedaybeforechristmas.strikingly.com/
    Instagram:www.instagram.com/thedaybefore_christmas/