• 2019/07/03

    道内でも違う!? 七夕の風習や楽しみ方|季節で楽しむおうちパーティー

    もうすぐ七夕。と言っても、北海道では七夕行事を行う月や風習が違うのをご存じですか? 全国的に7月7日に行われますが、北海道では函館・根室など一部地域を除いて8月7日に行うのが一般的。ということは、北海道全体で考えると7月~8月の間、ずっと七夕を楽しむことができますね♪ せっかくなのでおうちパーティーにも七夕を取り入れてみましょう。

    笹の葉だけじゃない楽しみ方

    七夕といえば、笹の葉に短冊を吊るすのがおなじみですが、北海道では地域によってさまざま。中でも柳を使う地域が多いようです。

    おうちパーティーでもちょっとした枝物があるとおしゃれで便利。

    ブルーベリーの枝や白樺、この季節に手に入る物を自由に選ぶのも楽しいかもしれません。
    今回は形がシンプルで飾りやすいナナカマドをチョイス。

    昔ながらの折り紙装飾をみんなで作ってみる

    いろいろな種類の折り紙が手に入るようになった今、色味を統一してインテリアに合う物を選べば、大人も子どもも楽しめます。

    <天の川の折り方>

    1.折り紙を半分に折ったら、写真右のようにもう一度半分に折ります。

    2.折り目に沿って1cmほどの間隔を空けながら切り込みを入れます。

    3.反対側からも②でカットした幅の中心にハサミを入れていきます。

    4.ゆっくり広げたら完成です。
     

    「ローソクもらい」の風習

    道内の一部地域には、子ども達が「ローソク出せ♫」*と歌いながら近所を回ってローソクやお菓子をもらう「ローソクもらい」という風習があります。

    この特別な七夕の習わしも実は北海道ならでは!
    やっていない地域でもせっかくなら取り入れていきたいですね。

    *地域によって歌詞が少しずつ違います。
    <道央など>「ローソク出せ、出せよ。出さないとかっちゃくぞ。おまけにかみつくぞ(くいつくぞ)」など
    <小樽>「今年、豊年七夕祭り、ローソク出せ、出せよ」
    <道南>「竹に短冊七夕祭り、大いに祝おう、ローソク一本頂戴な」など
    皆さんの地域ではどうですか?

    お土産用に駄菓子などのお菓子を用意。子ども達もわくわく♪


    いかがでしたか?
    まずは短冊を作って、家族やお友達と願い事を考えてみてくださいね。
    願い事を囲んで素敵な七夕のおうちパーティーになりますように!


     

    columnist
    久野小夜子(Sayoko Kuno)

    東京都出身、札幌市在住のバースデー&パーティープランナー。
    誕生日やパーティー、企業イベントの空間装飾やプランニングを手がける。
    おてんばな野心を、次の週末に叶える情報マガジン「NEXTWEEKEND」にてコラム「週末ホームパーティの楽しみ方」も連載中。

    Official Website:thedaybeforechristmas.strikingly.com/
    Instagram:www.instagram.com/thedaybefore_christmas/

    <撮影協力> スウェーデンハウス
    北海道マイホームセンター札幌山鼻会場 札幌南モデルハウス

    その居心地の良さが、北欧クオリティ
    堅牢で重厚なフォルムと、そこから生まれる安心感。静穏に包まれたゆとり溢れる空間。優しい天然木の風合いと爽やか木の香り。一年中快適に保たれる温度と湿度。長く快適に暮らすために高い基本性能とデザイン性が誘う居心地の良さ。大切な家族を守るために育まれ、辿り着いたスウェーデンハウスクオリティをご体感ください。
    https://www.swedenhouse.co.jp/