• 【函館から直送】まるで生花のようなお花スイーツ!母の日に贈れる「食べられるお花のケーキ」登場

    母の日専用/食べられるお花のボックスフラワーケーキ
    函館の洋菓子店「フラワーピクニックカフェ-ハコダテ-」では、母の日にピッタリの「食べられるお花のケーキ」を公式オンラインショップにて数量限定で販売中です。商品はすべて函館から全国へ直送されます。

    ​「食べられるお花のケーキ」は、函館・元町の洋菓子店「フラワーピクニックカフェ-ハコダテ-」の人気商品です。

    まるで生花のようなお花は、特別なレシピのバタークリームで濃厚なのにあっさりとクリーミー。スポンジには、素材にこだわった「北海道産の小麦」と「道南産のニンジン」が使用されています。

    バタークリームと相性が良いキャロットケーキに、甘酸っぱいクランベリーとシナモンが入っていて、視覚と味覚が一度に満たされる一品です。

    今年の母の日は、「食べられるお花のケーキ」を贈り、日頃の感謝の気持ちを伝えてみませんか?

    箱や缶を開けた瞬間、お花の笑顔が咲く♪
    母の日におすすめのラインナップ

    ●【母の日2022】食べられるお花のボックスフラワーケーキ

    食べられるお花のボックスフラワーケーキ
    まるで生花のような透明感の「食べられるお花のボックスフラワーケーキ」/6,900円

    開けた瞬間、花のような笑顔が咲く、食べられるお花のボックスフラワーケーキ。1枚1枚手作業で丁寧に絞られたバタークリームのバラの花や葉の下には、しっとり口溶けが良く、食べ応えのあるキャロットケーキが。

    専用BOXはお花をそっと優しく包み込むパールピンクでアレンジ。目で見て、舌で味わい、心で楽しめるので、母の日や特別な日にもぴったりのケーキです。

    ●【母の日2022】お花のぼうろ3缶セット(コスモス)

    お花のぼうろ3缶セット(コスモス)
    「お花のぼうろ3缶セット(コスモス)」/3,800円

    あんこで作られた、可愛くて美味しい「お花のぼうろ」。見た目の可愛さに加えて、サクサクほろほろとした食感がたまりません。

    「お花のぼうろ3缶セット(コスモス)」

    品質にこだわる北海道の老舗製餡メーカーのあんこと函館牛乳が使用されており、白あんこの素朴な甘みと絶妙な塩気がくせになります。グルテンフリーなので、子どもでも安心して食べられるのが嬉しいポイント。

    お花のモチーフ缶は、食べた後もとっておきたくなる可愛さ。自分へのご褒美にも、ギフトにもぴったりなスイーツです。

    ●【母の日2022】食べられるお花のカップケーキ4個セット

    食べられるお花のカップケーキ4個セット
    【母の日2022】「食べられるお花のカップケーキ4個セット」/3,500円

    4色のバラの「食べられるお花のカップケーキ」。カップケーキ専用にデザインされたブロッサムピンクの箱は、かわいいリボンでそっと結ばれています。

    バラの部分は北海道産のバタークリームで、スポンジ部分はキャロット・シナモンケーキ2個&チョコケーキ2個の2種類となっています。

    その他にもバリエーション豊かな母の日にぴったりの商品をラインナップ。気になる人は公式オンラインショップからチェックしてみてくださいね。

    食べられるお花のケーキが人気のカフェ
    「Flower picnic cafe HAKODATE」

    色とりどりの美しい花のケーキが楽しめる、「お花」と「ピクニック」をテーマにしたカフェ。1枚1枚手作業で丁寧に絞られたバタークリームから作り出されるお花のケーキは、視覚も味覚も満たされる一品。

    子どもも喜ぶブランコの席や、全面人口芝を敷いたピクニック気分を味わえる席が特徴的な店内で、親子でゆったり過ごせます。フラワーウォールの前で記念撮影をするのもお忘れなく♪

    【函館元町本店カフェ】
    住  所:函館市元町7-9(八幡坂より徒歩1分)
    営業時間:10:00~21:00(L.O.20:30)
    電話番号:0138-68-1385
    テイクアウト:可能
    公式サイト:https://www.flowerpicniccafe.com

    (参考:PR TIMES 、画像はプレスリリースより)

    ※情報はプレスリリース発表時点のものとなります。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。

    最新の記事

    【お祝い・季節の行事】

    Read More

    おすすめの関連記事

消費税の価格表記について

記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。