Baby&Kid's
  • 2020/04/24

    #13|2人目の子育て 家族のありがたさ実感


    「働くママごはん」#13
    空知管内栗山町で料理研究家として活躍する井澤綾華さんが、食育への思いをつづります。


     新型コロナウイルスの影響で、外出自粛も要請される中、わが家の娘は休校になった小学生の姪と一緒に遊びました。おやつを作ったり、花の直売所用のハウスの中で、祖母や叔母たちに見守られながら泥遊びをしていました。

     わが家は夫の両親、祖父、2歳の娘と1月に生まれた息子の7人家族。娘が遊んでいる間、私は息子の世話をしたり、ハウスへ散歩に行ったりする傍ら、ごはん支度や料理研究家の仕事を家でして過ごしました。手が離せない時、ただ見守ってもらえるだけで私は安心して息子の世話や小一時間の用事を済ませることができます。これが都会で核家族だったらこうはいかない。改めて農村の良さと家族のありがたみを感じました。

     下の子が生まれる前、娘一人だけの育児と違うだろうと、少し不安がありました。しかし、案ずるより産むがやすし。実際は娘に手が焼けることがあっても、息子が癒やしてくれる。娘が不器用ながらも弟をかわいがってくれる姿を見て、ほほ笑ましく感じる時間も増えてきました。

     最近、娘は就寝時に泣きまねをして私の気を引こうとします。まだ赤ちゃん返りをしないと思っていましたが、夜は親を独占できないと感じて寂しくなるようです。

     二人が大きくなるにつれ、手がかかる時期が重なったり、ずれたりします。その成長の過程は楽しみで、家族の笑顔に囲まれている子どもたちは、どんな時も私を幸せな気持ちにさせてくれます。

    写真提供/井澤綾華さん

     PROFILE

    井澤綾華(いざわ・あやか)
    管理栄養士。天使大(札幌)を卒業後、2016年に空知管内栗山町地域おこし協力隊員に。17年、町内で農家を営む孝宏さんと結婚、18年に長女乃々華ちゃんが誕生。19年に育児休業から仕事復帰した。フェイスブックで野菜のレシピなどを発信中。札幌市出身。

    https://www.facebook.com/izawa.aaa
    https://www.instagram.com/izawa_ayaka/


    \北海道新聞朝刊「くらし(子育て)面」で連載中(毎月第4金曜日)/

    北海道新聞朝刊「くらし(子育て)」面(毎週金曜日に掲載)では、主に乳幼児や小中学生の子を持つ親世代を対象に、育児のちょっとした工夫やサポートに関する情報、行政の支援制度の解説など子育てをめぐる多彩な話題をお届けしています。
    ぜひ紙面もチェックしてみてください。